導入のきっかけは、信頼するクライアントが使っていたこと

− AIGATE株式会社 さま

AIGATE株式会社 [ M&A仲介・経営戦略支援 ]執行役員CBO/M&A事業担当 西山 真司 様

AIGATE(アイガテ)株式会社は、M&A仲介を中心に事業再成長支援も手がけています。再生の秘訣は戦略的にITを活用すること。広告代理店事業、コールセンター事業、人材派遣・紹介事業を手がける弊社グループ企業と連携して、情報サイトやECサイトのコンテンツ力や購入率を高める支援を含めて実施しています。買収後は買主様の運用支援まで請け負います。

M&AやWEBサイト売買を進めるとき、安心・安全に、かつシナジープランまで踏み込んで考え、同業他社よりも高い譲渡価格を獲得して、売手企業様に喜んでいただいています。

コーポレートサイト [Webサイト]

少ないPVで成果を上げる顧客のECサイトに驚き! それがパスカルとの出会いでした。
- 執行役員CBO/M&A事業担当  西山 真司 様

導入のきっかけは、僕の信頼するM&Aのクライアントがパスカルを使っていたことですね。
そのクライアントのECサイトは、少ないPVにも関わらず、驚くほど売上がよかったんです。それだけではなくSEOの評価も伸びていました。それも短期間で成果を出していて……。

「なぜ、こんなにいいんですか!?」
と聞いたら、要因の1つが、パスカルを使っていたことでした。

IT領域特化型の事業成長支援に欠かせないツール

弊社はどちらかというとECサイトの支援が得意なんですが、情報サイト、いわゆるメディアサイト運用のリソース不足もあり、メディア系の支援が手薄になっていました。そこで幅を広げるために、パスカルを導入しました。

M&A事業においても、ただマッチングするだけではなく、何か特別なことを提供することによって、この事業の強みを高めたいという目的もありましたね。

導入後は、パスカルの「記事作成」機能でサイト分析して、SEOの観点から「こういう記事を書いたほうがいい」という支援ができるようになりました。

SEOって、Googleアルゴリズムの変化によって重要指標が変わるじゃないですか。そのたび、情報収集するだけも大きな時間がかかっていましたが、パスカルを使うようになって、すごく助かっています。
社内でサイトを試作するときにも、パスカルの結果を参考にして、コーダーへ具体的な指示を出せるようになりました。

ロングテール対策で安定した集客が可能に!
対策していないときでも10位前後をキープしています。

弊社が運営している「サイト売買・M&Aのネットマーケット RESITE(リサイト)」は、ECサイトや情報サイトなどの売手と買手をマッチングさせるプラットフォームです。売手が自分でプラットフォームに登録して、直接または弊社のサポートにより、買手を見つけて、売買契約を結ぶ流れになっています。

最近、特にWebサイトの売買が増えてきて、競合他社も増えています。パスカル導入前は、競合サイトに比べて、弊社サイトのプラットフォームへの登録数がまだまだ少ない状態で、「サイト売買」をキーワードにSEOしても順位が上がらず、難しさを感じていました。

そこで、ロングテールSEOに舵を切り、パスカルで上位10位以内のサイトに「サイト売買」以外にどういうワードが何%使われているか、他サイトからの流入数がどれだけあるかを細かく調査しました。

パスカルの分析を元に対策を行った結果、検索順位が圏外からいきなり5位まで急上昇しました。今では、マメに対策をしていないときでも、10位前後をキープできています。

ロングテール成果を出すバックにパスカルあり

勝因はパスカルから指示されたワードを使って、プラットフォーム内の「サイト売買コラム」記事を充実させたことです。コラムは今も定期的に更新しています。

最近、アフィリエイターの数が増えてきましたので、記事作成機能を使う頻度も上がっています。対策をすれば高確率で順位が上がるので、便利に使っています。
以前は制作ディレクターとしての業務もやっていたのですが、M&Aの打ち合わせや営業で外出する機会が増えたため、生産性を上げることを第一に、パスカルの指示通りに文章を書いています。

最初から使いこなしていたわけではないのですが、パスカルのサポート担当者へ連絡すると、すぐに電話やチャットでサポートしてくれるので頼もしいですね。サポートを通してパスカルの活用方法を覚えました。

パスカルは僕の財産として隠しておきたかった。
- 執行役員CBO/M&A事業担当  西山 真司 様

僕はつい最近まで、パスカルのことは社外では話したことがなかったんです。

パスカルは、サイトのどこを直せばいいのかをストレートにアウトプットしてくれるので、(パスカルを使っていることを伏せたまま)お客様サイトの改善箇所を口頭で説明していました。
いわば、パスカルは僕の財産として持っておきたかったんです。

でも最近は、Webサイトの買手にパスカルを紹介して、それぞれ売れるサイトを成長させた方が早いんじゃないかと思うようになりました。

企業のM&Aは事業だけではなく、そこで働く社員ごと引き継ぐ重いイメージがありますが、WebサイトだけのM&Aであれば、スピーディーに売買できます。
SEOの状況変化によってサイト価値が変動する現代において、パスカルのような定量的なサイト評価ができるツールは、とても頼もしいと思います。

活用事例をシェア!

その他の活用事例

無料体験版を申し込む