コンテンツのトピック分析に必要な情報が揃っている。

− 株式会社アレグロマーケティング さま

株式会社アレグロマーケティング [ SEOツールの提供&ウェブコンサルティング ]代表取締役 野澤 洋介 様

弊社は、企業向けにSEOの管理クラウドツール「Spresseo(エスプレッセオ)」を提供しています。 Spresseoは、自社サイトの検索順位、競合サイトの順位比較、被リンク状況、内部最適化分析、レポート機能など、SEOを行う上で必要な機能が充実しており、オウンドメディアを運営している企業やこれからコンテンツマーケティングに取り組もうとしている企業に最適な情報管理ツールです。

WebサイトSpresseo(エスプレッセオ)

検索ユーザーの知りたい情報、詳しい解説、自社ならではの役立つ情報を含めて検索ユーザーの満足度を高める。
- 代表取締役 野澤 洋介 様

弊社は、インハウスでSEOを行う企業向けにSEO管理ツールを提供しています。

検索ユーザーにコンテンツを届けるには、それ自体が読み手にとって有益な情報であることはもちろんのこと、検索意図にもマッチした内容である必要があります。

Googleに評価されるには、検索キーワードの意図を理解すること、検索ユーザーが求める内容が含まれていること、競合よりも詳しく解説すること、自社ならではのオリジナルの情報を含めることが重要です。

例えば、弊社の場合「サイトマップ」というキーワードをターゲットにコンテンツを作成するのであれば、1ページを使ってサイトマップの役割や作り方、登録方法、更新方法など幅広く、深く解説し、作業を効率化するようなツールの使い方なども含めてコンテンツを作成します。

SEOを自社で行うには、ページにどのようなトピックを含めるか?ライバルのコンテンツとの差別化をどのように行うか?などを調べる必要がありますが、パスカルのコンテンツ分析は、形態素解析により効率的に分析可能で、コンテンツ作成や改善の手がかりを掴むことができます。

パスカルは、自社や競合コンテンツで扱われるトピックを簡単に分析できる。

SEO目的でコンテンツを分析するには、次の3点が重要です。

1.自社、競合ともにカバーしているトピックはなにか?
2.競合でのみ書かれているトピックはなにか?
3.自社でのみ書かれているトピックはなにか?

上記のポイントを分析し、オリジナルの情報を含めながらトピックについてより広く、深く説明していくことでコンテンツの差別化を行います。

もちろん、この方法はある一定の知識は必要ですが、コンサルティングを提供する企業の場合、必ずしもクライアントのビジネスに関する深い知識を持っているとは限りませんし、一方でクライアントはSEOをはじめたばかりでなかなかコミュニケーションを取っていくことが難しいかもしれません。

クライアントとともにコンテンツの強み、弱みを認識し、次のコンテンツ作成や、既存コンテンツ改善施策を検討する際に、パスカルはとても便利なツールです。

活用事例をシェア!

その他の活用事例

無料体験版を申し込む