マーケティングをする上での、根拠となるツール!

− 株式会社新大陸 さま

株式会社新大陸 [ Webマーケティング事業・SNS運用サービス・ホームページ制作・Web広告の戦略的運用 ]プロデューサー 三谷 公一 様

住宅・建築会社様を中心に累計約500社を超える企業のITサポート(WEBマーケティング・SNS・HP運用・制作・ブログ運用のサポート)を行なっている。

今回取材をさせていただいた三谷様は、プロデューサーという立場でお客様の対応窓口を統括する役割を担う。ご自身もプレイングマネージャーという立場でお客さまの対応もおこなっている。

マーケティング事業・SNS運用サービス 株式会社新大陸

運営事業 : 住宅マッチングサイト「Uchimatch(うちマッチ)

手探り状態だったSEO対策が、具体的な提案・対策ができるようになった!

以前からSEOに関する大きな課題は、キーワード選定や必要なコンテンツの模索でした。 投稿した記事のSEOは、本当に手探り状態で行っており、Googleアナリティクスで結果を見て感覚で行っている感じでした。

パスカルを導入してからは、検索上位のサイト分析から具体的に修正箇所も出してくれて、作業の優先順位まで付けて分析が出来るので、従来の手探り状態から抜け出せた感じです。また、記事のネタ探しにもなりますね。根拠もありますしすごく良いです!

パスカルは、記事作成の必須ツールとして活用しています。

Web制作や広告代行(リスティング等)を行っている中で、お客さまから「効果的なSEO対策が出来ないか」と相談をいただくケースが増え、それであれば、商品の一つとして、「SEOに強い記事作成サービス」と思いつき、SEOツールの検討をし始めた時にタイミング良くパスカルに出会いました。

自社で月8本投稿することを目標にしているブログ(コラム)があります。
ブログは、新規顧客を増やすことが目的ではなく、訪問してくれた人に対して情報発信しながら顧客育成をしていく目的で、キーワード選定にパスカルを活用しています。

お客様の課題が明確になった!

弊社のお客様は、SEOに関して特別多くの要望があったわけじゃないのですが、検索順位を気にされる企業さまも一定数ありました。

パスカルは、「どうして順位が上がらないのか?」を調査する為に使用することが多いですね。パスカルを使うようになって、お客様からの質問に明確に回答できるようになったのは嬉しいです。

また、パスカルを導入してからお客様へのアップセルの契約率が上がりましたね!提案に際して、お客様から「それいいですね!」と前向きな反応を頂くことが多くなったことで、企画の決済確率も上がりました。今では日々のコンサルティングの一個の要素としてパスカルを使用しています。

例えば、3〜4ヶ月位前にリフォームの会社さまに「このキーワードでブログを書きましょう!」っていう提案をおこなったところ、前向きに実践してくださり、狙ったワードで上位表示するようにまでになりました!

パスカル導入前は、正直、SEOを気にはしていなかった。が、しかし、、

私たちのメインのクライアントはローカルエリアの住宅建築で、そもそもの検索母数が少なくSEO対策がいちばんの施策ではないことがほとんどでした。

なので、テクニカルなSEOは、正直あんまり気にしてなかったですね。(笑) どちらかと言うと表示速度の速さやサイト(ページ)に崩れがないかとかを主に見ていましたので。被リンクとかも全然施策していませんでした。

それが、パスカルの「記事作成」と「流入分析」でイメージが変わりました!
私の場合は、「記事作成」をメインで使用しており、効率的に内容が濃いコンテンツを作る事が出来るようになりました。

記事を作る場合、どんな記事を書いたら良いのか、「ネタ探し(キーワード選定)」と「構成案作り」ができる機能は、非常に便利で驚かされました。 特に、関連ページが必要なのか、単一ページでコンテンツをまとめて書いて良いのかなどの分析が出来ますので、事前に上位表示しやすいキーワードを選定でき、「書いたけど順位が上がらない」という失敗を回避できます。

アフィリエイター(記事ライター)には、抜群のツール活用が出来る!

パスカルは、アフィリエイターにも最適だと思います。BtoBもBtoCも両方に使用出来ますし、マーケティングする上でSEOは外せない施策ですから、アフィリエイターさんには、すごくオススメです!

一方で、メーカー企業にもパスカルは必要と感じました。前職で私が勤めていたメーカーでも直販に力を入れていたので、Webマーケティングに力を入れている企業なら絶対パスカルを試して頂きたいと思います。

根拠を持ってSEO対策できるツール

パスカルを使わないとキーワード選定を感覚で行ったり、選定したキーワードの上位表示確率が高いか低いかすらわからないまま施策してしまうことになります。

パスカルを使うことで根拠を持ってSEOの提案ができ、結果につながるイメージがもてますし、今までは不透明であった部分も 「ここが良いですよ、ここがダメですよ」 というのが明確に見えてきました。さらに、サイトの構造自体に問題があれば、リニューアルしましょうっていう話もできるので、色んなきっかけを発見できますね!

僕だけではなく社内の他のメンバーもパスカルを使用しているので、お客様のご提案にさらに有効活用していければと思っています。

活用事例をシェア!

その他の活用事例

無料体験版を申し込む