業界別コンテンツマーケティングのポイントと成果の出やすい会社の特徴を紹介

コンテンツマーケティングを行うときに、自社に合う方法が分からず悩んでいる担当者様は多いのではないでしょうか。

この記事では、業界別のコンテンツマーケティングのポイントや成果の出やすい会社の特徴、自社のコンテンツマーケティングを行うときの方法をまとめてご紹介します。

自社ではどのようにコンテンツマーケティングに取り組めばいいのか把握できると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

コンテンツマーケティングについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事もご参照ください。

【関連記事】【2022年版】コンテンツマーケティング完全ガイド

コンテンツマーケティングとは、記事や動画などのコンテンツを通してユーザーに価値ある情報を提供し、認知度や売り上げの向上などを目指す施策です。多くの企業が取り組んでおり、今や定番のマーケティング手法ですが、実践手順やポイントなどがわからない方もいらっしゃるかもしれません。本 記事では、コンテンツマーケティングの基礎知識やポイント、成功事例を解説します。

コンテンツマーケティングの成果が出やすい会社の4つの特徴

話し合い

基本的にはどのような会社もコンテンツマーケティングを行うべきですが、中でも効果的なコンテンツマーケティングができる会社にはどのような特徴があるのかご紹介します。

単価の高い商品を扱っている

1つ目は、単価の高い商品やサービスを扱っている会社です。コンテンツマーケティングはすぐに結果が出るわけではなく、中長期的な施策となります。

初期費用やランニングコストを回収し費用対効果を高めるには、商品やサービスの単価がポイントとなるのです。例えば、単価が50万円の商品を扱っていれば、大量に売れなくてもコンテンツマーケティングの目標を達成しやすいです。

不動産や自動車、高額サービスや製品など、ある程度高単価の商品を扱っている会社では効果を得やすいと言えるでしょう。

商品やサービスの検討期間が長い

2つ目は、検討期間が長い商品やサービスを扱っている会社です。商品やサービスをじっくり検討する際には、比較や決め手となる判断材料が欠かせません。

検討期間中の顧客を見極めてサポートをするのは難しいものですが、コンテンツがあれば顧客が欲しい情報を適宜提供できるのです。

とくにBtoB企業は商品やサービスの導入時に時間をかけて検討する傾向があるため、コンテンツマーケティングに向いています。

長期間継続利用するサービスや商品を扱っている

3つ目は、長期間継続利用できるサービスや商品を扱っている会社です。年間契約や期間契約は、契約期間中は収益が得られます。長期契約者が複数いると安定した収益が見込めるため、費用対効果が高まります。

また、長期契約となるとアフターサービスや定期的なフォローが必要ですが、コンテンツマーケティングを活用すればフォローしやすい体制を構築できます。

例えば、使い方やお手入れに関する記事やコラムを増やしたり購入者向けのSNSを導入したりすることで、顧客満足度を高めるフォローが可能です。

自社ならではの強みが明確である

4つ目は、自社の強みが明確であることです。情報化社会が進む中で、コンテンツの量は増加しています。その中で目の引く強みや特徴がなければ、なかなか顧客の目に留まらないのが現状です。

例えば、自社だけのオリジナル商品やサービスを扱っていると、他のコンテンツでは知ることのできない有益な情報を発信できるでしょう。

コンテンツマーケティングに向かない会社とは

オフィスの風景

コンテンツマーケティングの効果が出やすい会社が分かったところで、コンテンツマーケティングに向かない会社が気になるところです。コンテンツマーケティングに向かない会社には、次の3つの特徴があります。

①短期間で結果を出したい
②コンテンツマーケティングにコスト、人材をかけられない
③明確な目的がなくKPIなどの数値に囚われてしまう

コンテンツマーケティングは広告とは異なり中長期的に取り組む施策なので、結果を急ぐ会社や長期的なコスト・リソースの確保が難しい会社は向いていません。

また、コンテンツマーケティングは事業の課題や目標に合わせて実施するため、明確な課題や目標がなく数値ばかりを追っている状態になると失敗する可能性があります。

【会社の業界・商材別】コンテンツマーケティングのポイント

会議

ここからは、業種別にコンテンツマーケティングのポイントをご紹介します。業種によりコンテンツマーケティングのトレンドやポイントが異なるため、ぜひ参考にしてみてください。

旅行・観光業界:ユーザー目線でのコンテンツ作り

旅行や観光業界は、見込み客へのアプローチにコンテンツマーケティングを有効活用できます。
旅行や観光を検討する際には、その場所に行くとどのような体験ができるのか気になっているユーザーが多いはずです。観光地の雰囲気や食事、見どころをユーザー目線でリアルに発信することで興味を引くことができるでしょう。

とくに、映像や写真で視覚的に訴えられるコンテンツは旅行や観光と相性がいいため、SNSや動画を取り入れたデジタルマーケティングがおすすめです。

飲食業界:複数のコンテンツを使いユーザーをファン化させる

飲食業界では、見込み客の獲得からファン化までの全ての過程でコンテンツマーケティングが活用できます。

飲食業界は、まずは店舗を知ってもらい足を運んでもらうことが重要です。SNSや記事コンテンツを使い店舗の雰囲気や料理、こだわりのポイントを発信することで、今まで自店舗を認知していなかったユーザーに興味を持ってもらえる可能性があります。

また、SNSやブログはリピーター獲得にも有効です。店舗に足を運んでもらった際にフォローしてもらい接点がある状態にすると、本日のイチオシメニューや期間限定メニューなど旬の情報をリアルタイムで届けられます。

飲食業界は店舗のコンセプトやメニューによりターゲットが大きく異なるため、ユーザーニーズを捉えた戦略的なコンテンツ作成を行うことがポイントです。

美容業界:ユーザーが欲しい情報を提供する

美容業界は、オウンドメディアとは別に自社サイトやブログを運営しユーザーの悩みに寄り添う戦略が目立ちます。例えば、ブログや動画で自社商品を使ったメイク方法を公開すると、実際に使用したときのイメージが湧きやすく購買意欲の向上につながるでしょう。

最近は、スマートフォンやパソコンのカメラを通じてメイク体験ができるバーチャルメイクやチャットを活用したリアルタイムでの相談を取り入れている事例もあり、購買につながるコンテンツマーケティングが活発です。

美容業界のユーザーは健康、美容に関する意識が高いと想定されるので、自社のターゲットを分析しながらユーザーが求める情報を積極的に発信することがポイントとなるでしょう。

ファッション業界:真似したくなる着こなしの提案がトレンド

ファッション業界では自社商品の紹介にとどまらずモデルやインフルエンサーを採用した着こなしの提案など、実際に着用した際のイメージができるコンテンツマーケティングが主流です。

SNSや動画では自社ブランドの世界観を視覚的に訴えられるため、新たなファンや潜在顧客の獲得につながるでしょう。

また、アイテムのお手入れ方法や着回しの提案など購入後のアフターフォローにもコンテンツマーケティングを活用しているケースも見受けられます。

製造業界:自社の技術やノウハウを発信

製造業界は認知度や潜在顧客を増やすため、自社ならではの技術やノウハウを発信するWebマーケティングが向いています。

製造業界はBtoB企業が多く、検討する側もじっくりと時間をかけてリサーチをします。そのときに自社の強みや技術を伝えられるコンテンツがあると、競合他社と差別化できます。

また、専門性が高い分野だからこそ高品質な記事コンテンツを蓄積していけば、信頼や安心感を得やすくなるでしょう。

無形商材:自社の強みや差別化のポイントをアピール

税理士や弁護士、コンサルタントなど無形サービスは、他社との差別化を可視化しにくいです。だからこそ、ユーザーが欲しい情報を汲み取り丁寧に発信しているオウンドメディアやコンテンツがあれば、自然と選ばれやすくなるでしょう。

専門性の高い分野を得意としている場合は、関連する最新情報や適切な情報を発信するWebサイトやブログを作成すると、自社の強みを表面化しやすくなります。

例えば、BtoB企業のコンサルティングに強い会社であればただ得意だと記載するのではなく内容や実績、知識をコンテンツとして蓄積していくとマーケティングにつながる資産となるでしょう。

BtoBとBtoC会社のコンテンツマーケティングの違い

btobの文字

業種だけでなく、BtoBとBtoCによってもコンテンツマーケティングの特徴が異なります。どのような違いがあるのか、チェックしてみましょう。

BtoCのほうが検討期間が短い

BtoCは個人をターゲットとしているため、個人の購買意欲や興味が高まれば購入へと至ります。

一方でBtoBは個人会社や株式会社をターゲットとしているので、購入に至る検討時間が長いです。購入を判断する関係者が多い、商品やサービスの単価が比較的高いという特徴があるからです。

意思決定のスピードや意思決定に至るプロセスを踏まえて、コンテンツマーケティングを検討する必要があります。

BtoBは信頼性や安心感を与えるコンテンツ内容が中心

BtoCは個人の興味を引く、または問題解決につながるコンテンツ内容が中心です。例えば、メイク用品を購入する場合、自分に合うかどうかという悩みを解消することが購入の決め手となります。

自分に合うと判断できれば購入へとつながる可能性が高いため、バーチャルメイクや動画などのコンテンツで問題解決をサポートします。

一方でBtoBは企業が相手になるので、信頼感や技術力が重要視されます。安心して任せられるかどうかを判断できる、自社のブランディングを含めたコンテンツ内容が中心となります。

成果指標の違い

BtoCでは、購入やリピートなど直接利益につながる指標を使い成果を測ることが多いです。

一方でBtoBは購入までに時間を要することが多いため、まずはリード獲得やホワイトペーパーのダウンロードなど顧客と接点を作ることを目標とするケースが目立ちます。

このように、BtoBとBtoCではコンテンツマーケティングの特徴が異なるため、理解をしたうえで施策を考えてみましょう。

自社のコンテンツマーケティングを行う3つの方法

howの文字

実際に自社のコンテンツマーケティングを実施する際には、どのような方法があるのでしょうか? ここでは、代表的な3つの方法をご紹介します。

自社でコンテンツマーケティングを実施する

1つ目は、自社内に部署やチームを作りコンテンツマーケティングに取り組む方法です。

コンテンツマーケティングは中長期的な視点で取り組む必要があるため、社内にコンテンツマーケティングに注力できる人材がいないとリソース不足が起こりやすいです。

3人程度のチームを組み戦略を立てて取り組める状態にすることが最適なので、運用方法や目的を踏まえて検討するといいでしょう。

コンテンツマーケティングをサポートするツールを使う

2つ目は、コンテンツマーケティングに関するツールを導入し、継続して施策しやすい環境を整える方法です。効果的なコンテンツマーケティングをするには、SEOや競合分析などの知識が必要です。

知識を養い社内で分析をすると時間労力がかかるため、ツールを導入してSEO対策やキーワード選定などコンテンツ作成の補助を行うことがあります。コンテンツマーケティングを支援するツールは、自社の課題や目的に応じて選択することが重要です。

▼コンテンツマーケティングで活用できる様々なツールについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

【関連記事】コンテンツマーケティングツールとは? 導入メリットやおすすめ厳選3ツールを解説

数あるコンテンツマーケティングツールの中から厳選したおすすめ製品3つを比較紹介する記事です。コンテンツマーケティングツールの機能や導入メリット、導入時のポイントも詳しく解説します。

コンテンツマーケティングを代行する会社に委託する

3つ目は、コンテンツマーケティングに特化した知識や技術のある制作会社に委託をする方法です。自社でのリソース確保が難しい場合や、専門的な知識を必要とする場合に向いている方法です。

代行会社はコンテンツマーケティングのスペシャリストなので、今までの経験や実績をもとに的確なサポートや設計、改善をしてくれます。

▼コンテンツマーケティングを相談・委託できるコンサルティング会社・代行会社については以下の記事で詳しく解説しています。

【関連記事】コンテンツマーケティングのコンサルティングは効果的? 費用相場やおすすめの会社を紹介

本記事では、コンテンツマーケティングのコンサルティング内容やメリット・デメリット、おすすめの会社を紹介します。これからコンテンツマーケティングに取り組みたい方、コンテンツマーケティングの改善をはかりたい方はぜひ参考にしてください。


【関連記事】コンテンツマーケティング代行のサービス内容は? 外注費用の相場や活用ポイントも解説

本記事では、コンテンツマーケティングにおける代行業務の詳細を解説します。本記事を読めば、代行を利用するメリット・デメリットや費用の相場、活用方法がわかり、効率的なコンテンツマーケティングを行えるようになります。


【関連記事】オウンドメディアの代行とは? 制作・運用代行会社の費用相場も紹介

本記事では、オウンドメディアにおける代行業務のサービス内容を紹介します。オウンドメディアを構築したいが知識・スキルに不安がある、オウンドメディアの運用コストを抑えて効率化したいという方はぜひ参考にしてください。

会社に合うコンテンツマーケティングを選定する

コンテンツマーケティングはBtoBやBtoC、業種によって施策や取り組むべきポイントが異なります。

コンテンツマーケティングを成功させるためにも、自社に合う手法や方法を把握し、計画的に進めることが欠かせません。

ぜひ今回ご紹介したコンテンツマーケティングのポイントを参考に、効果的な方法を検討してみてください。

【パスカル】導入企業、急上昇中!
誰でも簡単に使える『SEOに強い』コンテンツマーケティングツール

パスカルは、簡単な操作で、新しい記事の作り方や既存記事のSEO改善点がわかるコンテンツマーケティングツールです。

※土日含まない4日間使える無料体験版あり!

関連記事