コンテンツマーケティングのコンサルティングは効果的? 費用相場やおすすめの会社を紹介

いまや多くの企業が何らかのコンテンツを作成し、コンテンツマーケティングを行っています。しかし、思うような成果が得られないという悩みを抱えた担当者様も多くいらっしゃるでしょう。コンテンツマーケティングで思うような成果が得られない場合、専門のコンサルティングサービスを利用するというのがひとつの解決方法です。

本記事では、コンテンツマーケティングにおけるコンサルティングのサービス概要や費用相場、利用メリット・デメリットなどを紹介します。本記事を参考に、コンテンツマーケティングのコンサルティングサービスを利用してみてください。

コンテンツマーケティングについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事もご参照ください。

【関連記事】【2022年版】コンテンツマーケティング完全ガイド

コンテンツマーケティングとは、記事や動画などのコンテンツを通してユーザーに価値ある情報を提供し、認知度や売り上げの向上などを目指す施策です。多くの企業が取り組んでおり、今や定番のマーケティング手法ですが、実践手順やポイントなどがわからない方もいらっしゃるかもしれません。本 記事では、コンテンツマーケティングの基礎知識やポイント、成功事例を解説します。

コンテンツマーケティングのコンサルティングサービスの内容と重要性

考える女性

コンテンツマーケティングのコンサルティングサービスは、コンテンツマーケティングにおけるコンテンツの戦略設計や内容、SEO、データ分析などをコンサルティング会社が持つノウハウや収集したデータをもとに改善提案するサービスです。コンサルティング会社によっては、改善提案にとどまらず、コンテンツの制作・修正をワンストップで提供している場合もあります。また、コンテンツを制作・修正する体制やコンテンツの管理状況など運用面の改善提案を行うサービスを提供している会社もあります。

現在では、多くの企業がコンテンツマーケティングに取り組んでおり、インターネット上には多様なコンテンツがあふれています。しかし一方で、成果につながるコンテンツはごく一部であり、多くのコンテンツは他のコンテンツのなかに埋もれてしまう状況になっています。

競合他社を含めた多様なコンテンツのなかで、価値がありかつ多くのユーザーに閲覧されるコンテンツを制作し売上につなげるためには、適切な戦略設計やSEO、データに基づく改善などが重要です。ただし、これらの施策を実施するためには、Webマーケティングや検索エンジンのアルゴリズムへの理解、ライティングスキル、データアナリティクスなど多様な専門性が必要になります。

マーケターやライター、アナリストなど全ての専門性を企業内で揃えるハードルは高く、採用コストや人件費など考慮すると非効率的である場合が多いです。全てのプロセスを内製化するよりも、適宜コンサルティングサービスなどを活用したほうが、成果を挙げやすく、運用効率的にもプラスになる可能性が高いでしょう。

コンテンツマーケティングのコンサルティングのメリット

スマイリーの画像

コンテンツマーケティングのコンサルティングを受ける重要性は前述した通りですが、企業として具体的にどのようなメリットが得られるのでしょうか。コンサルティングのメリットを3つ紹介します。

伸び悩んでいた成果を改善できる

コンテンツマーケティングを行っている企業において、コンテンツを大量に用意しているのに一向に集客できない、SEOが重要だと理解しているが具体的にどのような改善を行えばいいかわからない、集客はできていて閲覧ユーザーは多いのに成約につながらないなどといった悩みは多くあるのではないでしょうか。

これらの課題は、ページの表示速度やデザインなどちょっとしたポイントをおさえるだけで劇的な改善が見込めることも多くあります。コンサルティングサービスでは、抱えている悩みに対して適切にアプローチする方法を提案・サポートしてくれるため、伸び悩んでいた成果の改善に期待ができます。

ノウハウの蓄積ができる

コンサルティングサービスは、実際にコンテンツマーケティングを行い、課題が生まれた場合に利用するものというイメージが強いかもしれませんが、これからコンテンツマーケティングを行いたいという初期段階で利用するのも効果的です。

これからコンテンツマーケティングを行うという段階だと、まだコンテンツマーケティングに対するノウハウがほとんどない状態である場合が大半でしょう。そこでコンサルティングサービスを利用すれば、コンテンツマーケティングのノウハウを学ぶとともに、成果に伸び悩むことなく短期間で成果を挙げやすくなります。

コンサルティングサービスを利用して得られたノウハウを蓄積すれば、今後自社内だけで運用を進める際にも活用できます。コンサルティング会社のなかには、コンサルティングとあわせてノウハウ蓄積や体制構築を支援するサービスを提供しているところもありますので、今後の内製化を見据えた利用としてもおすすめです。

新しいマーケティングの切り口を発見できる

コンテンツマーケティングでデータ分析を行っていると、本来狙っていたキーワードからの流入よりも狙っていなかったキーワードからの流入が多いなど想定外の結果が出ることが多々あります。適切なデータ分析ができていない状況だと、このような結果に気付かずアクセスが多いから順調という判断で終わってしまうでしょう。

コンテンツマーケティング専門のコンサルタントであれば、これまでのノウハウから、より成果を挙げやすいキーワードの狙い方やペルソナ、コンテンツ内容など、新しいマーケティングの切り口を提案してくれる可能性があります。マーケティングの切り口が増えることにより、新規見込み顧客の創出や新規市場の開拓、成約率アップなど様々なメリットが期待できます。

コンテンツマーケティングのコンサルティングのデメリット

頭を抱える男性

コンテンツマーケティングのコンサルティングには様々なメリットがありますが、デメリットを事前に把握しておかなければ、想定外のトラブルに発展する恐れがあります。コンサルティングを受ける前に認識しておくべきデメリットを3つ紹介します。

コンサルティング費用が高額

後ほどコンテンツマーケティングにおけるコンサルティングサービスの費用相場を紹介しますが、コンサルティング費用はコンサルティング会社、コンサルティング範囲によって異なり、非常に高額になる場合があります。単純なコンテンツ内容のコンサルティングのみであれば数十万程度で収まる場合もありますが、コンテンツマーケティングの運用全般のコンサルティングだと1000万円を超えるサービスもあります。

コンサルティング費用が高くなりすぎると、コンテンツマーケティングの運用コストがかさみ、運用継続自体は難しくなってしまうでしょう。コンサルティングを受ける前に、複数社で見積もりを取り、かけられる予算とコンサルティング費用、コンサルティング内容を照らし合わせ、コストパフォーマンスのよいサービスを選ぶことが重要です。

既存の顧客が離れるリスクがある

コンサルティングによる改善提案によって、少なからずコンテンツの戦略や内容、質などに変化が発生します。変化がプラスの方向に働き、新規顧客の獲得につながるのはよいことですが、マイナスの方向に働き既存の顧客が離れてしまう可能性がある点は認識しておきましょう。

コンサルティング会社によって、コンセプトや強みとしているジャンルは異なります。また、実績の量によって改善提案の質も大きく異なるでしょう。コンサルティングによるマイナスの効果がうまれるリスクをおさえ、多くのメリットを得られるようにするためには、コンサルティング会社の選び方が非常に重要になります。

必ず成果がでるとは限らない

コンサルティングにおいて、成果が出やすい王道のパターンというものは存在しますが、価値観の多様化が進む現代において、確実な成功パターンというものは存在しません。いくらコンサルティングに高い費用を払ったとしても、必ずしも成果がでるとは限らない点は認識しておく必要があります。

ただし、コンサルティングに正解がないとはいえ、豊富な実績を持ち信頼性の高いコンサルティング会社に依頼したほうが成果は得やすくなります。コンサルティングの成果をだしやすくするために、依頼するコンサルティング会社は入念に検討するようにしましょう。

コンテンツマーケティングのコンサルティング費用相場

電卓とお金

コンテンツマーケティングのコンサルティングのデメリットでコンサルティング費用についてふれましたが、具体的な費用相場はどの程度になるのでしょうか。ここではコンサルティングの費用相場とコンテンツ制作・修正の費用相場のそれぞれを紹介します。

まず、コンサルティングのなかには戦略設計やコンテンツ改善、運用改善など様々あります。これらはいずれもコンテンツの量・規模やコンサルタントの経験・スキル、コンサルティングにかかる工数などによって費用が大きく異なりますが、メインのボリュームゾーンとしては30万円~50万円程度が多いでしょう。

ただし、この相場は単体のコンサルティングの費用相場です。コンテンツマーケティングにおける様々なコンサルティングを複合的に受け、施策の実行や継続的な支援までを依頼するとなると、数百万円、数千万円という規模にまで費用がふくれあがってしまう点には注意しましょう。

一方、コンテンツ制作・修正の費用相場は、コンテンツ一本あたりのスポットの場合は数万円程度が相場です。月額の場合は、月30万円~50万円程度で最低4本~8本程度のコンテンツ制作を行うかたちが相場となるでしょう。コンテンツ制作・修正のコンサルティングでは、ユーザーの検索ニーズを満たすコンテンツ内容やSEOを含めて改善提案を行います。

コンテンツマーケティングで成果をだすためには、ある程度のコンテンツ量は必須です。全てをコンサルティングしてもらおうとすると費用が高額になりすぎるため、重要なコンテンツやノウハウを蓄積するために必要なコンテンツを優先的に依頼し、自社で内製化できるよう取り組んでいくのが効果的です。

コンテンツマーケティングのコンサルティングのおすすめ会社5選

良い口コミの画像

コンテンツマーケティングのコンサルティングを行っている会社は多数あり、どこの会社を選べばいいのかわからないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、おすすめのコンサルティング会社を5社紹介します。それぞれの特徴も紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

株式会社メンバーズ

株式会社メンバーズは、EMCというデジタルビジネス運用支援サービスを展開しており、コンサルティング以外にもオウンドメディアやインターネット広告、SNS、マーケティングツールなどの運用支援を幅広く提供しています。コンサルティングにおいては、これらの幅広い支援実績をもとに目的のヒアリングと改善提案を行いますので、最適な改善施策の実施に期待ができます。

株式会社メンバーズは1995年創業ですが、現在では複数地方拠点にもオフィスを持ち、連結で2000名弱の社員が働いている大企業に成長しています。実績としても、誰もが聞いたことのある大手企業のコンサルティングも行っており、信頼できる企業といえるでしょう。企業サイトのコラムではマーケティングに役立つ情報を無料で発信していますので、まず目を通してみるのがおすすめです。

▼企業情報
会社名:株式会社メンバーズ
サービス範囲:戦略設計、Webサイト構築・運用、インターネット広告、リサーチ(調査)、ソーシャルメディア、マーケティングツールなど
コンサルティング費用:要相談
特徴:デジタルマーケティングを幅広く支援するコンサルティング会社、大手企業のコンサルティング実績多数

ナイル株式会社

ナイル株式会社は、SEOに強みを持つコンサルティング会社です。また、ナイルは自社の採用を強化するためにオウンドメディア「ナイルのかだん」を立ち上げ、複数のメディアで成功事例として掲載される実績をもっています。オウンドメディアでの成果に悩んでいるという企業に特におすすめといえるでしょう。

また、ナイルの魅力は充実した内製化支援のサービスです。単にSEOのコンサルティングを行うだけでなく、セミナーなどを含めSEOの内製化方法を発信しています。ゆくゆくはSEOを内製化したいとお考えの方は、まず資料の請求やセミナーへの参加などがおすすめです。コンサルティングを受ける際も、先述した「ナイルのかだん」でコンサルタントの人柄がわかりますので、ぜひチェックしてみるとよいでしょう。

▼企業情報
会社名:ナイル株式会社
サービス範囲:SEOおよび内製化支援、オウンドメディア運用支援、記事制作
コンサルティング費用:要相談
特徴:SEO特化のコンサルティング会社、「ナイルのかだん」という採用型の自社オウンドメディアでの成功実績あり

株式会社IKUSA

株式会社IKUSAは、戦国プロデュースやチャンバラ合戦-戦IKUSA-などエンターテインメントのリアルアクティビティを提供する会社ですが、コンテンツマーケティングにおけるコンサルティングサービスも提供しています。コンテンツマーケティングに携わった企業は300社以上という実績をもっており、対応ジャンルもBtoBのITや医療、法律などの専門型からBtoCの美容・健康、ファッション、旅行などと幅が広いです。

豊富な実績があるにも関わらず、コンサルティングの費用がリーズナブルな点もIKUSAの魅力でしょう。たとえば運用・改善であれば、運用の場合は初期費用10万円と月額費用10万円、改善の場合は初期費用20万円と月額費用10万円です。相場と同程度もしくは低めに設定がされているため、コストの負担を減らしつつコンサルティング利用ができます。

▼企業情報
会社名:株式会社IKUSA
サービス範囲:戦略設計、サイト・コンテンツ制作、SEO、分析
コンサルティング費用:SEO 初期費用10万円 月額7万円~※最低契約期間12ヶ月
特徴:幅広いジャンルに対応したコンサルティング会社、リーズナブルな費用と豊富な実績が魅力

サムライト株式会社

サムライト株式会社では、オウンドメディアやアーンドメディア(ソーシャルメディア・SNS)、ペイドメディア・Web広告などのコンテンツマーケティング事業向けのコンサルティングサービスを提供しています。幅広く事業展開を行っているため、どの企業でも利用がしやすいコンサルティング会社といえるでしょう。

実績としても大企業から中小企業まで多くの成功事例があります。最近大きな力を発揮しているインフルエンサーを活用したコンテンツマーケティングやTikTokなどのアカウント運用支援も提供していますので、新しいコンテンツマーケティングに取り組みたいという場合にもおすすめです。

▼企業情報
会社名:サムライト株式会社
サービス範囲:戦略設計、Webサイト構築・運用、インターネット広告、ソーシャルメディア、SNSアカウント運営支援など
コンサルティング費用:要相談
特徴:多様なメディアに対応したコンサルティング会社、インフルエンサー活用など最新のマーケティング手法もサポート

アイオイクス株式会社

アイオイクス株式会社では、SEO JapanというSEO特化のコンサルティングサービスを提供しています。SEOに特化している分、専門性が高いのが強みであり、独自のクローラを利用したWeb解析により適切なコンテンツ改善を提案してくれる点が魅力です。コンサルティングからコンテンツ制作までワンストップで対応していますので、SEOの知識がなくても安心して利用できます。

アイオイクス株式会社が手がけた小売業のWebサイトでは、公開当初は300人程の訪問者数と7件の問い合わせだったものが、1年後には10,000人程の訪問者数と330件の問い合わせになるまで集客強化に成功しています。コンバージョンの改善においても、収益比+56%などの大きな実績を複数もっています。SEOに力を入れたいという方に特におすすめのコンサルティング会社です。まずは気軽に相談やサービス資料のダウンロードを行うとよいでしょう。

▼企業情報
会社名:アイオイクス株式会社
サービス範囲:SEO、コンバージョン改善、コンテンツ制作
コンサルティング費用:要相談
特徴:SEO専門のコンサルティング会社、ビッグキーワードでの検索1位や検索流入260%増加など強力な実績が多数

コンテンツマーケティングのコンサルティング会社を選ぶ際の注意点

チェックリストの画像

コンテンツマーケティングにおけるおすすめのコンサルティング会社を紹介しましたが、どのような点に注目してコンサルティング会社を選ぶと成果をあげやすいのでしょうか。コンサルティング会社を選ぶ際の注意点を5つ紹介します。

課題の洗い出しとかけられるコストを確認しておく

コンサルティングには戦略設計やコンテンツ改善、運用改善など様々あることを紹介しましたが、全てを解決しようとすると費用は高額になっていきます。事前に課題を洗い出し、解決する優先順位を決めておかなければ、コストはかさむばかりです。

また、事前にかけられるコストを確認していないと、いつの間にかかけられるコストを超過し、コンテンツマーケティングの継続自体が困難になる可能性もあります。コンサルティングを利用する際には、優先順位の高い課題から順に、かけられるコストと照らし合わせながら見積もりをとるようにしましょう。

即効性を期待しすぎない

コンサルティングのメリットとして、短期間でノウハウを蓄積しつつ成果を出しやすいという点がありますが、短期間といっても数日・数週間のような即効性を期待できるわけではありません。特にSEOは、適切なコンテンツ改善ができていたとしても、すぐに良質なコンテンツだと判断されるわけではなく、時間を経て段々と評価が高まっていきます。

即効性を期待しすぎて、短期間で成果がでないからと様々な会社に依頼したとしても、改善の方針がころころ変わってしまい、かえって成果をあげにくくなってしまうでしょう。即効性を期待しすぎず、一定の期間は一つの会社に決めてコンサルティングを受けるようにしましょう。

コンサルティングサービスの契約内容を確認しておく

コンサルティングサービスのなかには、一定期間の契約継続が必須になっているものもあります。最低契約継続期間の有無や中途解約の可否、違約金の有無などコンサルティングサービスの契約内容を事前によく確認しておかなければ、思わぬトラブルに発展する可能性があります。

成果がでないからコンサルティングを解約したい、となった際に中途解約ができない・高額な違約金が必要などの問題が発生すると、無駄なコストばかりがかかってしまい、成果につなげられなくなってしまいます。コンサルティングの契約を行う前に、契約内容はよく確認しておくようにしましょう。

コンサルタントの実績やコミュニケーションスキルを確認しておく

実績が豊富で魅力的に見えるコンサルティング会社でも、担当するコンサルタントによってサービスの質は異なります。実績豊富なコンサルティング会社であれば、コンサルタントもある程度の実績はあり、優秀な方が多い可能性は高いですが、コミュニケーションスキルには注意が必要です。

いかに優秀であっても、コミュニケーションがうまくとれず、こちらの要望がうまく伝わらないようだと、満足する成果が得られない可能性が高くなります。コンサルティング会社によっては、コンサルタントの実績だけでなく、人柄がわかるようなコンテンツも公開しています。企業サイトなどで、コンサルタントの実績やコミュニケーションスキルを確認し、自社の課題を解決してくれそうか、親身に相談にのってくれそうかを事前に確認するようにしましょう。

コンサルティング会社を金額で判断しない

コンサルティングの費用が高いと、その分だけ成果を期待できると感じやすいですが、コンサルティングの費用が高いからといって成果がでやすいわけではありません。コンサルティングのデメリットでもお伝えした通り、コンテンツマーケティングにおける確実な成功方法はありません。

コンサルティング会社を選ぶ際は、金額で判断するのではなく、過去の実績やサービス内容を重視しましょう。また、問い合わせのしやすさやレスポンスの早さなどのサポート性も重要です。

コンサルティング利用でコンテンツマーケティングの改善を

本記事で紹介した通り、コンサルティングを受けるためにコストはかかりますが、多くの企業がコンテンツマーケティングに取り組み、インターネット上にコンテンツがあふれている現代で、安定して成果をあげ続けるためには、コンサルティングをうまく活用していく必要があるでしょう。

コンサルティングを受けることで、成果の伸び悩みを解消するとともに、ノウハウ蓄積によるコンテンツマーケティングに必要なスキルの内製化、マーケティングの新しい切り口の発見などのメリットを得られます。しかし、コンサルティングの利用による、運用コストが増加しコンテンツマーケティングの運用継続が困難になる可能性や改善施策失敗のリスクは事前に認識しておきましょう。

コンサルティングを依頼する際には、事前に課題の優先順位とかけられるコストを確認しておくのがおすすめです。また、コンサルティング会社の実績や契約内容、コンサルタントの質をよく確認しておくとよいでしょう。本記事で紹介したコンサルティング会社を参考に、ぜひ自社にあったコンサルティング会社を探してみてください。

【パスカル】導入企業、急上昇中!
誰でも簡単に使える『SEOに強い』コンテンツマーケティングツール

パスカルは、簡単な操作で、新しい記事の作り方や既存記事のSEO改善点がわかるコンテンツマーケティングツールです。

※土日含まない4日間使える無料体験版あり!

関連記事