SEOキーワードとは? コンテンツ記事を書く方法とおすすめSEOツールを紹介

今回はSEOにおけるキーワードの役割について解説します。作業効率化につながるキーワードツールについても紹介します。Webマーケティング担当者でキーワード選定に悩んでいる方は、ぜひ読んでみてください。

部屋と机の上のPC

【関連記事】【最新版】無料で使えるSEOツールをご紹介! 目的別にチェックできるおすすめ13選

SEO対策をさまざまな面から検討されているご担当者に向けて、本記事では無料で使えるSEOツールを13選ピックアップしました。SEOツールの選び方と共に、それぞれの特徴を詳しくご説明します。気軽に試しやすいツールばかりをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【パスカル】導入企業、急上昇中!
誰でも簡単に使える『SEOに強い』コンテンツマーケティングツール

パスカルは、簡単な操作で、新しい記事の作り方や既存記事のSEO改善点がわかるコンテンツマーケティングツールです。

※土日含まない4日間使える無料体験版あり!

SEOにおけるキーワードとは

ノートパソコン

SEOとは検索エンジン最適化の意味を持つWebマーケティング用語です。ユーザーが何か知りたい情報がある場合には、検索エンジンの検索ボックスにキーワードを入れて調べます。表示された検索結果から、もっともアクセス数を集められるのは上位に表示されているWebサイトです。上位に表示されるには検索エンジンから評価を得なければなりません。

検索エンジンはたくさんのWebサイトを評価するために、日々巡回しています。ユーザーにとってメリットのある良質なコンテンツは評価されて上位に表示されます。良質なコンテンツを提供するには、キーワードに関連した質の高いコンテンツの作成が重要です。

しかし、やみくもにキーワードを入れればよいわけではありません。Webサイトと無関係なキーワードを設定したり、キーワードを乱用したりすると検索エンジンからペナルティを受けて検索結果に表示されなくなる可能性があります。

コンテンツSEOとコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングはコンテンツを使って集客して、最終的には商品購入や問い合わせなどにつなげることが目的です。SEO施策のひとつであるコンテンツSEOは、ユーザーの検索意図をくみ取ったコンテンツを作成し、検索結果の上位表示を狙う手法をいいます。

検索エンジン大手のGoogleは「Googleが掲げる10の事実」(※1)で、「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」と掲げています。検索エンジンに評価されるには、ユーザーの検索したキーワードを調査し、検索意図をくみ取ったコンテンツを作成しなければなりません。

しかし、コンテンツは情報が充実していても、読みにくく誤字脱字が多い、つまりUX(ユーザーエクスペリエンス)の悪いコンテンツは読んでもらえません。読んでもらえないコンテンツはコンテンツマーケティングにおけるCVR率や検索順位にも影響を与えます。そのため、SEO対策だけではなく、UXも重要です。

※1 出典:Google が掲げる10の事実
https://about.google/philosophy/?hl=ja

SEO対策でキーワード選定が重要な理由

SEO対策で良質なコンテンツを作成するには、キーワード選定が重要です。ユーザーが何か知りたいことがあり、特定のキーワードを入れて検索すると検索キーワードに関連するWebサイトが表示されます。しかし、表示されたWebサイトがユーザーの検索意図に沿っていない場合、どんなに上位に表示されてもアクセス数を集めることはできません。

Webサイトで扱っている商品を購入してもらいたい、サービスを利用してもらいたいと考えた場合、関連するキーワードでSEO対策を行うことが大切です。キーワードは扱っている商品やサービスを簡潔に表しているものと考えると、選びやすいでしょう。

ユーザーが求める情報を盛り込み、選定キーワードを含めたオリジナリティのあるコンテンツを作成することで、ユーザーに価値のあるWebサイトとして検索エンジンから評価されると考えられます。

SEO対策でキーワードを選定するチェックポイント

パソコンのキーボード

コンテンツSEOを実施するにあたり、キーワードを選定する際にチェックしてほしいポイントを解説します。

競合サイトの流入キーワードをチェック

コンテンツSEOを行うときは、同じように検索上位を狙う競合サイトを見つけましょう。競合サイトは、自社のWebサイトで扱っている商品やサービスに関連するキーワードで検索したときに上位に表示されているサイトです。流入キーワードからユーザーの検索意図をくみ取りましょう。

検索エンジンの検索ボックスに入力されたキーワードを「検索クエリ」といいます。検索クエリはユーザーの検索意図にあわせて、3種類に分けることが可能です。

検索クエリの種類 ユーザーの検索意図
インフォメーションクエリ 知りたいときに検索されるキーワード
トランザクショナルクエリ 問い合わせや資料請求をしたいときに検索されるキーワード
ナビゲーションクエリ 特定のWebサイトに行きたいときに検索されるキーワード

検索ボリュームからユーザーのニーズを調査

検索ボリュームには3種類あり、それぞれユーザーのニーズが異なります。検索ボリューム(予測値)の大きなキーワードは多くのユーザーから検索されているため、コンテンツSEOを行うことで検索エンジンからのアクセス数を集めることが可能です。

検索ボリュームの種類 キーワードの組み合わせの例
ビッグキーワード マンション
ミドルキーワード マンション 中古
スモールキーワード マンション 中古 東京都

ビッグキーワードは1つの語句で月間検索数が多かったキーワードを指します。ミドルワードは2つの語句を掛け合わせたもので、さらにスモールキーワードは複数の語句を掛け合わせた検索ボリュームの少ないキーワードです。

コンテンツSEOでは語句の多いスモールキーワードに着目しましょう。検索ボリュームは少ないですが、ターゲットを絞りやすく、コンテンツの方向性を定めやすい特長があります。また、競合も少ないので対策による効果を期待できます。

このように対策をするキーワードを選ぶのは簡単ではありません。自社の商品やサービスをアピールできるかも分析しながら、慎重に選びましょう。

関連キーワード・共起語の使用回数・割合はどうか

関連キーワードは検索キーワードと関連性の高いキーワードが選ばれており、検索エンジン側によって表示されるキーワードは異なります。関連キーワードを決めているのは検索エンジンで、これまで検索されたキーワードなどをもとに表示されており、複合キーワードの中でも世の中からの関心が高いキーワードといえます。

多くの人から検索されている関連キーワードでコンテンツSEOをすれば、多くのサイト流入を期待できます。そのためには、競合サイトがどのくらい関連キーワードを使用しているのか、調べることが大切です。

また、競合サイトのコンテンツ内で使用頻度の高いキーワードを共起語といいます。対策するキーワードと組み合わせて検索されることも多く、検索結果に影響を与えます。使用回数が多い関連キーワードや共起語は、ユーザーからの関心レベルも高いため、ぜひ意識をしてコンテンツを作成しましょう。

検索順位をチェック

検索結果の上位表示を狙うためにも、自社Webサイトや競合サイトの検索順位を知ることが大切です。検索順位を知ることで、どのようなSEO対策をすればよいのか明確になります。

検索順位を決めるのは検索エンジンです。Googleでは、Webサイトを評価するためにクローラというプログラムがリンクをたどりながら、情報を整理しています。巡回しやすいように内部リンクを貼れば、検索エンジンからの評価につなげることが可能です。

また、他のWebサイトから向けられた被リンク(外部からのリンク)の数も評価に影響します。他のWebサイトから、リンクを貼りたいと思ってもらえる良質なコンテンツを作成することが重要となります。良質なコンテンツとはユーザーの利便性を最優先した独自性の高いコンテンツを指します。このようなユーザー視点のコンテンツは、検索エンジンからも評価につながるため意識することが大切です。

SEOを意識したコンテンツ記事を書く方法

パソコン作業中の人

検索エンジンから評価されるコンテンツ記事の書き方について解説します。

コンテンツの軸となるキーワードを決める

競合サイトの分析結果や検索ボリュームをもとに、コンテンツの軸となるキーワードを選定しましょう。自社Webサイトでアピールしたいものやユーザーニーズ、競合サイトの分析結果をもとに、ユーザーが検索しそうだなと思うキーワードを書き出してみましょう。ある程度書き出したら、キーワード選定に役立つSEOツールを使用してキーワードの検索ボリュームを調べます。

単一キーワードで公的機関のサイトやECサイトが上位を占めている場合や、すでに上位表示されているキーワードは上位表示を狙うのは難しいため、複合キーワードや少し下の競合サイトが少ないキーワードを選ぶなど、ある程度絞っておくと選定しやすくなります。

ユーザーのニーズを把握する

ユーザーの検索意図をくみ取ったコンテンツは、検索順位に大きな影響を与えます。検索意図には種類があり、以下の4つに分けることが可能です。

検索意図の種類 意味
Buy(買いたい) 「購入」「比較」など商品の購入CV(コンバージョン)の向上につなげることができる
Know(知りたい) 「選び方」「方法」など疑問を解説したいときに検索されるキーワード。アクセス数の向上につなげることができる。
Do(やってみたい) 「資料請求」「見積もり」などCVに近い行動を起こすことが前提となるキーワード。
Go(行きたい) 「Amazon」「楽天市場」など、公式サイトなどへ行きたい場合に検索されるキーワード。単一キーワードが多い。

タイトルや見出しにSEOキーワードを入れる

コンテンツ内に、対策するキーワードを含めることも大切なポイントです。入れるときは同じキーワードを乱用しないように注意しましょう。検索エンジンから不正行為とみなされ、検索結果のランキングに影響を与える可能性があります。

また、タイトルや見出しは無駄な要素を入れず簡潔にまとめることで、ユーザーに伝わりやすくなります。競合サイトと差別化を図るために、独自性を持たせましょう。「2022年」など経年で古くなった要素は更新が必要になることも覚えておいてください。

SEOキーワードを入れて良質な記事を書く

本文には競合サイトなどにも多く使用されている「共起語」や検索ボリュームの多い「サジェストワード」を含めて書きましょう。

Googleが「良質」と判断したコンテンツと同じキーワードが入っているため、良い評価を期待できます。また、ユーザーにとってわかりやすい記事となるように以下をふまえて書くのもポイントです。

  • ・あいまいな日本語を使わない
  • ・意味が明確な言葉を使う
  • ・結論>理由>結論 の順序で書く
  • ・表現はシンプルに
  • ・わかりやすい構成
  • コンテンツ公開後、GoogleのSEOツール「Googleアナリティクス」でアクセス解析をしてみましょう。リアルタイムレポートでは直近30分間でユーザーに読まれたコンテンツを確認できます。公開されたコンテンツの人気が高いかどうかわかるので便利です。

ユーザーが読みやすい言葉かどうかを意識する

対策するキーワードは、ユーザーが検索する言葉を使用することもポイントです。Googleの検索アルゴリズムは日々進化しており、類語や同義語も理解できるようになっています。ユーザーが普段から使用している言葉や読みやすい言葉を使うことは、利便性の向上につなげることが可能です。

例えば「焼酎ハイボール」や「リハビリテーション」と書いても伝わりますが、実際には「チューハイ」や「リハビリ」という表現を使い慣れていたり、読みやすいと感じる読者もいるのではないでしょうか。意識をしすぎると不自然な表現になることもあるので、「読みやすさ」の意識をしっかりと持って書くことに集中してください。

記事と記事をつなぐ内部リンクを設定する

記事を書き終えたら、書いた内容と関連性が深い記事をつなげるためにリンクを設定します。Webサイトを巡回するクローラが新しいコンテンツを見つけやすいメリットがあります。新規でWebサイトを立ち上げるなら、キーワード選定の段階でどの記事を内部リンクさせるか対策を立てておくとよいでしょう。

ただし、リンクを貼った記事が古くなったり、何かしらの要因でリンクが切れてしまったりすると、クローラが巡回できません。

Googleはリンク切れが検索順位に直接影響があるとは言っていませんが、リンク切れが多いWebサイトはユーザーの離脱を招いてしまいます。その結果、検索順位に影響が出てしまう可能性もあるので、リンクが切れていないかこまめにチェックしてください。

GoogleのSEOツールはキーワード選定から役立つ

分析データが表示されたパソコンの画面

キーワード選定は、コンテンツの質を左右する重要な工程です。Googleにはこうしたキーワードの選定に役立つSEOツールを提供しています。いくつかご紹介します。

SEO

【関連記事】【2022年最新版】SEOツールのおすすめ12選! 目的別にポイントをご紹介

WEBサイトをGoogleなどの検索エンジンで上位表示させるためには、SEO対策が必要です。SEO対策を何から始めていいのか分からない場合は、SEOツールの導入を検討しましょう。SEOツールを利用すれば、特別な専門知識がなくてもより良いコンテンツが作成できますし、知識をお持ちのご担当者の場合でも、ツールを活用することによって時短化が見込めるでしょう。そこでおすすめのSEOツールをご紹介します。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスはアクセス解析が可能なSEOツールです。登録サイトのユーザーのWebサイト内の行動データやアクセス数などがわかります。自社サイトだけではなく、競合サイトのアクセス解析にも利用することが可能です。競合サイトの上位に表示されているキーワードやサイト流入などがわかります。

自社サイトと競合サイトのコンテンツの比較もできるので、競合を抜かせない原因を調べたい時にも便利です。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、自社の商品やサービスと関連性の高いキーワードを見つけることができるSEOツールです。より多く検索されている複合キーワードやキーワードに対する競合率もわかります。

基本的に無料で利用できますが、Google広告を配信されていない方が利用した場合、大まかな数値のみを確認できる仕様です。大まかに把握したい場合には向いていますが、そうでない場合は他のSEOツールやキーワードツールを利用したほうがいいでしょう。SEOツール初心者の方でどんなものなのか使ってみたい方におすすめです。

Googleトレンド

Googleトレンドは、話題性のあるキーワードでコンテンツを作成したいときに役立つキーワードツールです。国や地域ごとの興味・関心、過去7日間で検索されたキーワードなども調査できます。また、急上昇ランキングや「○○とは」、スポーツ選手、話題の人など年間の急上昇ワードを国別にチェックすることが可能です。

メールアドレスを登録しておけば、人気急上昇ワードまたはキーワードに関するトピックをメールで通知してくれます。通知が欲しいキーワードごとにメールアドレスを設定しておけば、新規コンテンツが検索エンジンに反映されたのかチェックすることも可能です。

Googleの文字と虫眼鏡

【関連記事】【2022年最新】Google公式の無料SEOツール10選! 基本機能と活用法を紹介

Googleでは、複数のSEOツールを無料で提供しています。SEO対策に必要な情報や改善のポイントを把握できるため、Webサイトを運営している企業や個人であれば、入れておきたいツールばかりです。本記事では、各SEOツールの概要や使い方などを紹介していますので、これからSEO対策を本格化させようという人は、ぜひ参考にしてください。

SEO対策の時短に! おすすめのキーワードツール

SEARCHの文字ブロック

SEO対策で成果を上げるにはキーワード選定が大事だとわかっていても、分析や比較などの作業には想像以上に時間を要します。キーワード選定にかける時間を少しでも短くしたいとお望みの方へ向けて、SEO対策の時短につながるおすすめのキーワードツールを紹介します。

SEOイメージ

【関連記事】【2022年最新版】SEOツール利用企業数(公式発表参照)ランキングトップ5! おすすめ16選も

WebサイトのSEO対策に利用するSEOツールは、検索ランキングデータのチェックや競合分析など複数の機能を備えています。SEOツール選びが難しいと感じる方に向けて、2022年最新版SEOツール利用企業数ランキングトップ5をご紹介。おすすめツール16選とともに比較検討してみてください。

キーワードツールとは

キーワードツールは競合キーワードや検索ボリューム、関連キーワードなどをチェックできるSEOツールです。毎日記事を更新されている方は、キーワードツールなどのSEOツールを導入することで時短になります。キーワードツールにはGoogleが提供しているツールのようにアカウントさえあれば無料で使えるものもありますが、有料キーワードツールもあります。

基本的にできることは同じですが、有料キーワードツールは視認性の高いレポートを自動で作成するなど機能性の高さが特徴です。やりたいことによって必要な機能は変わってきます。まずはそれぞれの機能を比較し、払い続けていける料金プランなのかもチェックしてください。

「aramakijake」や「ラッコキーワード」は無料

無料のキーワードツールの中でも代表的なのは「aramakijake」や「ラッコキーワード」です。

無料プラン aramakijake ラッコキーワード
機能 ・キーワード検索順位別の検索数調査

関連語、検索ボリューム(Yahoo!・Google)

競合検索数予測

・各種キーワード調査 50回/日

・見出し抽出/共起語取得 15回/日

・上記機能全般の利用回数 65回/日(IP単位)

「aramakijyake」は対策を行いたいキーワードで1位になった場合、どのくらいのアクセス数が見込まれるのか予測数を出してくれます。複合キーワードの調査はできません。「競合検索数予測ツール」は競合サイトの1つから、3つのキーワードを調査できます。

「ラッコキーワード」は関連キーワードを取得できます。関連するQ&Aや共起語なども無料で取得できるため、コンテンツSEOに活用できるでしょう。「ラッコキーワード」以外にコンテンツ作成に役立つSEOツールが展開しているので、チェックしてみてください。

有料SEOツールは機能が豊富

有料SEOツールはキーワード調査や分析以外に、内部対策や外部対策などSEO対策全般に役立つ機能を備えた有料SEOツールが便利です。

GoogleサーチコンソールやGoogleアナリティクスなどと連携し、サイト流入を見込めるキーワードを一覧で取得できます。詳しい調査や分析が行えるだけではなく、色分けやグラフで視認性の高いレポートを自動で作成するなど便利な機能を豊富に備えているため、SEOやコンテンツマーケティングにかかる時間を短縮可能です。

個人から大企業まで導入しやすく、導入後のサポートなどもあるので安心して使えます。企業のマーケティング部署など複数人で扱いたい場合、1アカウントで複数人が利用できるプランを備えたものもあります。気になるツールのサポートデスクなどに問い合わせてみてください。

SEOの文字

【関連記事】【2022年最新版】有料SEOツールおすすめ13選を紹介! 無料ツールとの違いや選ぶポイントも解説

有料SEOツール13選を内部対策向けやコンテンツSEO向け、外部対策向けに分けて紹介します。SEO作業の効率化を目的に導入を検討されているWebマーケティング担当者におすすめです。プランや料金、サポートの有無などもまとめました。SEO作業の時短化に活用したい方は読んでみてください。

自社サイトのSEO対策の効率化にはキーワードツールを活用

SEOにおけるキーワード選定はサイトのアクセス数や売上率に大きく影響を与えるもの。自社サイトを立ち上げるにあたり、SEOについて悩んでいるならキーワードの選定からアクセス解析などWebマーケティングの業務効率化に欠かせないツールを活用するのがおすすめです。ツールを使いこなせば、SEO専門業者へ依頼しなくても、自社でSEO対策ができます。

キーワード選定からユーザーニーズもくみ取れるので、コンテンツ作成以外にも商品の仕入れや新商品開発などに役立てることも可能です。自社サイトの集客施策として、ぜひキーワードツールを活用してみてください。

【パスカル】導入企業、急上昇中!
誰でも簡単に使える『SEOに強い』コンテンツマーケティングツール

パスカルは、簡単な操作で、新しい記事の作り方や既存記事のSEO改善点がわかるコンテンツマーケティングツールです。

※土日含まない4日間使える無料体験版あり!

関連記事