最適なYouTube動画運営にはSEOツールが必須! SEO対策の重要性やポイント、方法を紹介

YouTube動画の検索結果に上位表示されるには、SEO対策が必要です。特にチャンネル登録者数が少ないうちは、YouTube内の検索はもちろんGoogleなどの検索サイトからの流入も得なければ、再生回数やチャンネル登録者数の大幅な増加は見込めません。

YouTubeのSEO対策に必須となるのが、SEOツールです。今回の記事は、YouTubeのSEO対策の重要性やポイント、方法について解説しています。YouTubeのSEO対策にお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

※YouTube動画のSEO対策については公式でアナウンスされている範囲が限られるため、この記事では、公式情報を優先しつつさまざまなメディアの情報も調査・集約して説明しています

部屋と机の上のPC

【関連記事】【最新版】無料で使えるSEOツールをご紹介! 目的別にチェックできるおすすめ13選

SEO対策をさまざまな面から検討されているご担当者に向けて、本記事では無料で使えるSEOツールを13選ピックアップしました。SEOツールの選び方と共に、それぞれの特徴を詳しくご説明します。気軽に試しやすいツールばかりをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【パスカル】導入企業、急上昇中!
誰でも簡単に使える『SEOに強い』コンテンツマーケティングツール

パスカルは、簡単な操作で、新しい記事の作り方や既存記事のSEO改善点がわかるコンテンツマーケティングツールです。

※土日含まない4日間使える無料体験版あり!

YouTubeのSEO対策とは

YouTubeの再生ボタンが映るスマホ

YouTubeのSEO対策とは、YouTubeやGoogleの検索結果で投稿動画が上位表示されやすくする、または関連動画として表示されやすくするための施策を指します。動画が上位表示されれば、その分多くの人の目に触れる機会が多くなります。特にYouTubeにアップロードしたばかりの動画は、SEO対策をしないと再生回数がいつまでも増えないということもあるでしょう。

YouTubeのSEO対策は、一般的なWebサイトがGoogleの検索結果に上位表示されるために行われるSEO対策と同じような流れを取ります。上位結果に表示されるためにまず必要となるのが、タイトルや概要欄などのキーワードの最適化です。さらに、Webページが優秀なコンテンツと検索エンジンに判断されるためにページへの施策を行うのと同様に、YouTubeにおいても、すべてのユーザーにふさわしい優秀な動画と認められるための施策を動画に対して行います。

総合的な検索結果での上位表示を目指すこととは別に、例えばトレンド嗜好が高い動画や、クリエイティブな動画は「急上昇動画」への露出機会も多くなるなど、さまざまな面を考慮しておく必要があります。動画の内容を見直すことだけでなく、閲覧者に対するユーザビリティの最適化もYouTubeのSEO対策に含まれることを覚えておきましょう。

これらのSEO対策を効率よく行ううえで取り入れたいのが、YouTubeのSEOツールです。

YouTubeのSEO対策に必要な要素

マウスをクリックする指

YouTubeのSEO対策には、検索エンジンと動画のユーザビリティ両方への最適化が必要です。そのための要素を解説します。

再生時間(視聴時間)

閲覧者が動画をクリックし、実際に視聴した時間が長ければ長いほど優秀な動画と判断されるため、検索結果に上位表示されやすくなります。SEO対策を行う動画と競合動画とを比較する際、再生回数をポイントと考える方も多いですが、実はYouTubeの検索アルゴリズムは再生回数よりも再生時間の長さの方を重要視しているとも言われています。

タイトル

YouTubeの検索エンジンはGoogleと比較すると、タイトルとキーワードの一致率が高ければ高いほど上位表示される傾向にあるようです。そのためユーザーの検索キーワードと動画タイトルが完全一致するなら、部分一致よりも上位表示されるパフォーマンスが上がる可能性が高いでしょう。長すぎるタイトルは評価が下がるため、文字数の目安は30~50字以内が良いと言われています。

説明文

説明文は一致するキーワードが多ければ多いほど上位表示されやすい傾向にあるようです。できるだけ多くのキーワードを含み200~350ワード、500文字以上の文字数が良いと言われています。

キーワードタグ

キーワードタグは、おすすめ動画に表示される上で重要となる要素です。キーワードタグに対策を行うと、動画再生後のおすすめ動画として表示されやすくなると言われているため、結果的に動画ランキングも上がりやすくなるでしょう。

再生時間

動画でどのようなパフォーマンスを目指すかによって、適した再生時間は異なります。ランキングに入りやすい動画は10~16分、再生回数が多い動画は4分以内のものが多いと言われています。ただし動画の内容によって適した再生時間はこの限りではないため、動画の目的に応じた再生時間を設定しましょう。

高評価

高評価は「いいねボタン」や「グッドボタン」とも呼ばれています。YouTube動画は高評価または低評価をワンクリックで選べる機能が付いているのが特徴です。高評価は閲覧者からの好意的な行動(エンゲージメント)に含まれるため、高評価が多いとおすすめ動画への表示やランキング入りがしやすくなると言われています。

コメント

コメントは既に動画を閲覧したユーザーからの感想や意見が書き込める他にも、動画投稿者とのコミュニケーションツールとしても活用されています。コメントが多い動画は健全な運用がされている、閲覧者からのエンゲージメントが高いとYouTubeから判断されやすいと言われています。

共有やリンク

YouTubeでは、WebサイトやSNSなどに設置できる動画の埋め込みリンクをワンクリックでコピーできます。TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSや自サイトでYouTubeの動画を拡散することで、YouTube内やGoogleなどの検索エンジン以外からのユーザーの集客が見込めるでしょう。

埋め込み動画や被リンクの数がランキングやYouTubeからの評価に直接関係するかは不明です。ただし、外部からのユーザー流入の手段として共有やリンクは有効となります。動画の露出機会が増えるため、結果的に再生回数やチャンネル登録者の増加にもつながるでしょう。

動画の上位表示やおすすめ動画表示、ランキングに必要な要素を踏まえた上で、次に具体的なYouTubeのSEO対策の方法と、使用するSEOツールの具体例とともに解説します。

YouTubeのSEO対策の方法①YouTubeのキーワード選定をする

KEYWORDSと書かれたブロック

タイトルや説明文などへのSEO対策として入れるためのキーワード設定の方法と、使用できるSEOツールの例を紹介します。

Google検索で関連ビデオとしてピックアップされる可能性のあるキーワードを調査し設定をする

ユーザーが通常のサイト検索と同じ手順で(動画検索のオプションは使わずに)Google検索を行った際に、サイト類の検索結果よりも上部に、「動画」としていくつかの動画がピックアップされることがあるのをご存知でしょうか。YouTubeのSEO対策としては、Google検索の上記のような部分に表示されることもぜひ目指したいものです。

Google検索結果の「ビデオ」部分に優先表示されるための詳しい条件などは明らかにされていませんが、どういったキーワードが関連している可能性があるのかについて、調査することをおすすめします。Googleが参考になる動画コンテンツと判断し、検索結果がテキストだけでなく動画としても表示されるようになれば、SEO効果の向上が期待できます。

キーワードを調査・検討する方法の一例としては、SEOツールを使う他YouTubeの検索ボックスに「キーワード_」と入力してサジェストワードを出す方法や、YouTubeアナリティクスのトラフィックソースレポートを参照し、「実際に動画を閲覧したユーザーが使用した検索ワード」を分析する方法があります。ビデオとしてピックアップされるためのキーワードを抜き出し、検索ボリュームの高いものをSEO対策で入れ込むキーワードとして使用しましょう。検索ボリュームの高さの目安の基準は不明ですが、様々な一般の分析サイトでは、300以上が良いと言われています。

キーワードを入れ込み、タイトルと説明文を最適化する

タイトルには、上位表示を狙いたいキーワードすべてを入れます。キーワードはできるだけタイトルの最初の方に寄せるのが有効と言われています。

説明文のSEO対策は、もっとも重要な外部リンクを冒頭に入れる、動画の概要説明は「もっと見る」ボタンをクリックしないでも表示される範囲にまとめる、キーワードを含め200~350ワードを使用する、文字数は500文字以上なら上位表示されやすいとも言われています。

キーワードを入れる位置は、文章の冒頭100文字以内、全体では最低2回、できれば3~4回は入れるのが望ましいとされています。

タイムスタンプやチャプター機能を使用し、キーワードを入れ込んだチャプターを目次のように説明文に表示させることも有効です。タイムスタンプ機能を使うと、Googleの検索結果で特定の場所にスキップして再生できるキーモーメント機能が表示されるようになります。検索したユーザーが好きな場所から動画を再生できるため、クリック率や再生回数の伸びが期待できるでしょう。純粋にキーモーメントのついた動画は目立つため、上位表示と併用すれば競合動画よりもクリックされる可能性も高くなるというメリットもあります。

なお、説明文の作成は動画制作後でももちろん問題ありません。

YouTubeのSEOキーワード選定向けのSEOツール

YouTubeのSEOキーワード選定のSEOツールとして多く使用されているのが「ahrefs YouTube Keyword Tool」です。無料で利用できます。

「ahrefs YouTube Keyword Tool」には、以下の機能や特徴、確認できる項目があります。

  • ・ツールボックスにキーワードを入れて検索ボリュームを表示
  • ・検索結果の平均クリック数を表示
  • ・対象とする単語を含む検索クエリを表示するPhrase match report(キーワードを入れ込んだタイトルや、入れ込み方を知りたいときに有用)
  • ・完全一致の他、部分一致も含む検索クエリを表示するHaving same terms report(単語はさまざまな順序で表示可能)
  • ・最近データベースに追加されたキーワードが表示されるNewly discovered report(新しい対策キーワードを選定したいときに有用)
  • ・入力したキーワードに基づいた視聴者からの質問を探せるQuestions report
  • ・月あたりでどのくらい、特定の人々が対象キーワードを検索しているかを表示するSearch volume
  • ・検索キーワードの単語数を表示するWord count
  • ・対象キーワードの検索結果において月間の平均クリック数を表示するClicks(複数の検索結果上でのクリック発生の有無を把握できる)
  • ・検索ユーザが特定のキーワードを検索したとき、平均で何種類の検索結果をクリックするかを表すCPS(クリック率)
  • ・そのキーワードを使って再度検索する人の割合を表したPR(再帰率)
  • ・キーワード候補をリストに保存可能
  • ・「ahrefs YouTube Keyword Tool」の他、同社ではGoogleやAmazon、Bingのキーワードに対応したツールも提供

さらに、機能を増やした有料版もリリースされています。

YouTubeのロゴ

【関連記事】YouTubeのおすすめSEOツール(無料・有料)を紹介! SEO対策やキーワード選定に役立てよう

YouTubeの検索結果で動画を上位表示させるために必要なのがSEO対策です。YouTubeで求められるSEO対策に加えて、SEO対策を行うメリットや得られる効果、デメリットや注意点、SEO対策に使える無料や有料のSEOツールを紹介しています。

YouTubeのSEO対策の方法②最適化したYouTube動画を制作する

スマホで撮影する様子

動画を最適化することで、おすすめ動画に表示される機会やGoogleの動画検索で上位表示する確率が上がると言われています。ここでは、動画を最適化するために必要な考え方や、注意しておきたいポイントを解説します。

動画のフレームワークを決める

動画をこれから制作する場合、動画のフレームワークを決めるところからはじめます。ユーザーニーズを深堀し、以下のポイントに沿ってフレームワークを決めましょう。

  • ・対象とする視聴者のレベル(動画が提供するコンテンツ、あるいは最終的に訴求したいサービスとのマッチ度など)
  • ・動画を見ることで与える利益やメリット(ユーザーの持つ疑問や課題、ニーズを踏まえたうえで解決方法を提示する)
  • ・動画コンテンツの種類(ハウツーやチュートリアル、具体的なテーマに関する戦略・情報提供、商品・サービスのレビュー、商品・サービスの実演など)
  • ・再生時間

最初の5~10秒で視聴者をひきつける

動画を見続けるかを視聴者が決めるのは「最初の5秒」と言われ、動画開始10秒後で20%の視聴者が脱落すると言われています。動画の冒頭5~10秒内で、視聴者が離脱しないための工夫を入れましょう。長い動画なら予告編やダイジェスト・まとめを入れる、プライベートトークなどは省いていきなり本題に入るなどが有効です。

機材やツールを自分で準備する場合は、慎重に選定する

動画を自分で制作する場合には、以下の必要な機材やツールを準備して動画の撮影、編集を行います。機材の機能性の高さや用意できる種類は、撮影できる動画の「見た目のクオリティ」に繋がるひとつの要素となりますので、最適化の観点でも考慮に入れておきましょう。

  • ・動画の録画・編集ソフト
  • ・Webカメラ(顔や上半身の撮影に使用)
  • ・デジタル一眼レフカメラ(人物をメインにした動画撮影時に使用)
  • ・USBコンデンサーマイク(パソコンに接続して使用)
  • ・コンデンサーマイク(カメラに接続して使用)
  • ・ポップブロッカー(息やつばによるノイズを防ぐためにマイクに装着)
  • ・照明

動画制作を外注する場合にはSEO対策スキルを持った依頼先を探す

YouTube動画制作は自分で行うほか、動画制作会社やフリーランスへも依頼可能です。依頼する場合には依頼先を調べましょう。その際にSEO対策の有無も確認することが重要です。

YouTubeのSEO対策の方法③動画アップロード時のSEO対策を行う

置かれたUSBメモリ

制作した動画をアップロードするときのSEO対策の方法と、使用するSEOツールを解説します。

タグの設定

動画にタグを設定することもSEO対策に含まれます。ターゲットキーワードの他、共起語や関連語を入れ込むと、キーワードで検索したときに上位表示される可能性が上がるだけでなく、関連動画への露出機会も増えます。

タグの設定に有効なSEOツール

競合動画で使用されているタグを入れ込むことで、競合動画の関連動画に表示される確率が高くなると言われています。タグの設定に有効なSEOツールが「TubeBuddy」です。以下の機能や特徴があります。

  • ・競合動画で使われているタイトルやタグの検索とキーワードを使用したタイトルやタグの作成
  • ・Facebook、TwitterなどのSNSに動画をシェアできる
  • ・ABテストによるサムネイルの改善提案
  • ・公開までの時間を短縮できるテンプレートやツールが充実

字幕や翻訳の設定

字幕や翻訳を設定すると動画の内容をYouTube側へ文字として伝えられるため、SEO対策としても有効であり、特に関連チャンネルへの表示率が上がる傾向にあると言われています。字幕や翻訳には、YouTubeの自動字幕起こしツールや翻訳ツールが使用可能です。ただしそのままでは本文が不自然になっていることも多いため、アップロード前にしっかりチェックしましょう。

サムネイルの最適化

サムネイルは動画のタイトルと説明文とともに検索結果に表示されます。クリックしたくなるサムネイルを作ることで、動画のクリック率も上がります。一般的には以下のポイントなどをふまえておくと、クリック率の上昇につながりやすいと言われています。

  • ・画像を高画質にする
  • ・動画の内容が分かる短いテキストを入れる
  • ・テキストはユーザーのデバイスを問わず読めるサイズにする
  • ・文字やフォントを際立たせる
  • ・YouTuberとして既に顔出しをしている場合には、出演者の顔を入れる
  • ・サムネイルは、投稿している他動画との一貫性を持たせる

情報カードの設定

動画に情報カードを設定すると、動画視聴終了時のユーザーに具体的なアクションの提案や依頼ができます。動画、再生リスト、チャンネル、リンク、の4つの情報カードから適切なものを選びましょう。ただしYouTube上で「子ども向け動画」として設定された動画に対しては情報カードを利用できないので注意が必要です。

YouTubeのSEO対策の方法④動画の宣伝をする

SNSアプリが並ぶスマホ画面

YouTube動画に効果的なプロモーションを行うと、YouTubeやGoogle外からの動画へのアクセスが増える他、被リンクの増加によるリンクビルディングにも有効です。YouTubeの検索アルゴリズムにおいて、動画の被リンク率自体もランキングに影響している可能性がありますが、この点はYouTube公式では明確な言及はありません(YouTube側では、動画の「人気」や「信頼性」もランキングに影響するという事は、言及されています)。いずれにしても、被リンクが増えることはアクセス増加の面でメリットがあります。

ブログやホームページなどに埋め込む

自分のブログやホームページ、オウンドメディアなどを持っている場合には、YouTube動画を埋め込むことで気軽にプロモーションができます。既存のブログやホームページ、オウンドメディアの閲覧者に動画を露出できるでしょう。動画を見ることでWebページの滞在時間が伸びるため、Webページ側のSEO対策にも効果的です。なお動画とともにブログなどをレンタルして運用する場合には、動画の埋め込みやアップロードが可能かどうかも確認しておきましょう。

SNSでシェアする

TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSで動画をシェアし、拡散を狙う方法です。すでにSNSのファンがいる場合には、動画チャンネルの登録をお願いすることもできます。

SNSでの動画プロモーションに向いているSEOツール

SNSで動画プロモーションをするときに向いているSEOツールのひとつに「Buffer」があります。「Buffer」には以下の機能があります。

  • ・数回のクリックでソーシャルメディアのパフォーマンスを測定
  • ・SNS投稿のスケジューリング
  • ・重要なコメントへのスキップと迅速なレスポンス
  • ・リーチ、エンゲージメント、フォローの進歩を追跡
  • Q&Aサイトやフォーラムの回答に投稿

ユーザー同士で質問と回答を行うQ&Aサイトや、企業への問い合わせでは解決できない問題を質問し合うフォーラムの回答として動画を投稿する方法もあります。動画投稿者の専門性や信頼度をサイトやフォーラムのユーザーに露出することもできるでしょう。

メールマガジンに掲載する

すでにメールマガジンによるプロモーションを行っている場合、個人または企業、商品への興味や信頼を寄せているファンへ動画を公表できます。新しい動画を制作・投稿したらメールマガジンで掲載し、登録者へ知らせることもマーケティング施策となるでしょう。同一層からの同時再生回数の増加や、新規動画でも低い離脱率が期待できます。

YouTuber同士でコラボする

YouTuber同士のコラボ動画の制作および投稿は、双方のチャンネル登録者やファンへのアプローチにつながり、再生回数や滞在時間の向上につながります。また、お互いのチャンネルを通じて新規の閲覧者やファンを獲得できる機会にもなるでしょう。

YouTubeのSEO対策の方法⑤チャンネルのSEO対策を行う

YouTubeの動画再生の様子

チャンネル登録者数の多いチャンネルの動画は、有益と判断され新規のチャンネルの動画よりも検索結果で上位表示されると言われています。チャンネル登録者数を増やす方法、およびチャンネルのSEO対策に有効な方法を解説します。

ヘッダー画像やロゴを設定する

チャンネルのヘッダー画像を設定すると、魅力的なチャンネルとなり登録者数の増加につながると言われています。高画質な画像を準備する、チャンネルの目的やテーマが分かるテキストや画像を使用するなど、一目でどんな動画を投稿しているチャンネルかが分かるヘッダーを設定しましょう。チャンネルのロゴを設定しておけば、YouTubeのチャンネル以外のメディアやSNSにも流用できるという点もメリットです。

概要ページの文章を設定する

チャンネルの概要ページは、Webサイトの概要ページと同じく閲覧者にコンセプトを伝えるための重要なポイントとなります。SEOで設定したメインキーワードを含めたチャンネルの概要とともに、チャンネルのコンセプトやテーマ、配信者のプロフィールや自己紹介などを記載しましょう。

再生リストを作成する

複数の動画を投稿しているなら、再生リストを作りましょう。再生リストを作ると、同じカテゴリーの動画を一覧として参照できるためユーザビリティが上がります。さらに、再生リストのタイトルにSEOのキーワードを入れることで、YouTubeの検索トラフィックの対象になるとも言われています。

コメントを投稿する

コメント欄がにぎわっている動画は、閲覧者のエンゲージメントが高いと判断されるため、検索ランキングでの順位も高い傾向にあります。コメント数が多ければ多いほど良いですが、コメントがなにもない動画には閲覧者もコメントしづらいです。コメントの投稿を呼びかけるだけでなく、投稿者自らが最初のコメントを投稿するのも重要でしょう。

いいねやチャンネル登録を呼びかける

チャンネルの概要欄や動画の最後などで、いいねのクリックやチャンネル登録を呼びかけましょう。高評価やチャンネル登録者数が多ければ多いほど動画やチャンネルの評価が上がり、ランキングやおすすめ動画への表示率が上がる可能性があります。

YouTubeの動画の最大化にSEOツールを取り入れよう

YouTubeのSEO対策の概要や必要となる要素、SEO対策の方法と利用できるSEOツールを紹介しました。YouTube動画を制作しても、多くの閲覧者に露出されなければプロモーションにはつながりません。

YouTubeでのSEO対策でYouTubeから評価されるポイントや必要な要素をふまえて、SEOツールも上手に使ってSEO対策を行いましょう。

【パスカル】導入企業、急上昇中!
誰でも簡単に使える『SEOに強い』コンテンツマーケティングツール

パスカルは、簡単な操作で、新しい記事の作り方や既存記事のSEO改善点がわかるコンテンツマーケティングツールです。

※土日含まない4日間使える無料体験版あり!

関連記事