YouTubeのおすすめSEOツール(無料・有料)を紹介! SEO対策やキーワード選定に役立てよう

YouTube動画で多くの再生数やチャンネル登録者数を獲得するには、Webページの場合と同じようにSEO対策が求められます。SEOツールを導入しYouTubeやGoogleの検索結果で動画を上位表示させれば、多くの流入や視聴が見込めるでしょう。YouTubeのSEO対策はキーワード選定から動画の最適化まで幅広い施策が必要です。目的に応じたSEOツールを選び、活用しましょう。

今回の記事ではYouTube動画のSEO対策に応じたSEOツールについて解説します。おすすめのSEOツールも無料、有料それぞれのタイプで紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

※YouTube動画のSEO対策については公式でアナウンスされている範囲が限られるため、この記事では、公式情報を優先しつつさまざまなメディアの情報も調査・集約して説明しています

部屋と机の上のPC

【関連記事】【最新版】無料で使えるSEOツールをご紹介! 目的別にチェックできるおすすめ13選

SEO対策をさまざまな面から検討されているご担当者に向けて、本記事では無料で使えるSEOツールを13選ピックアップしました。SEOツールの選び方と共に、それぞれの特徴を詳しくご説明します。気軽に試しやすいツールばかりをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。


【パスカル】導入企業、急上昇中!
誰でも簡単に使える『SEOに強い』コンテンツマーケティングツール

パスカルは、簡単な操作で、新しい記事の作り方や既存記事のSEO改善点がわかるコンテンツマーケティングツールです。

※土日含まない4日間使える無料体験版あり!

YouTubeで求められるSEO対策とは

YouTubeの動画を検索結果で上位表示させるために行うのが、SEO対策です。Webページを上位表示させるための対策を指すSEOという言葉に対して、動画を上位表示させるSEO対策は動画SEOやVSEO(Video Search Engine Optimization)とも呼ばれています。

YouTubeやGoogleの検索エンジンが、動画が優秀であったり有益なコンテンツであると判断すれば、上位表示される傾向にあります。YouTube動画が上位表示されるためのポイントを知り、必要なSEO対策を行うことが重要です。YouTube動画を上位表示させるために、どんなSEO対策をするべきかを解説します。

適切な対策キーワードを選ぶ

WebページのSEO対策と同じく、YouTubeやGoogleなどからの検索結果で上位表示されるには、対策キーワードの選定が求められます。対策キーワードの選定には、SEOツールを使うのが有効です。最初にSEOツールを使ってキーワードや検索ボリュームを調査し、適切なキーワードを選定しましょう。

Youtubeの公式説明において、検索クエリとの関連性を評価する部分として「タイトル、タグ、説明」が重要な要素であるとアナウンスされていますので、キーワードは、YouTubeのメタタグである動画タイトル、説明文、タグに盛り込みます。

有益と判断される動画コンテンツを制作する

適切なキーワードを選んで検索結果からのヒット率を上げるだけでなく、動画に対するSEO対策も必要になります。動画に対するSEO対策で求められることとは、良質なコンテンツと評価される動画を作ることです。

有益なWebページと判断された場合に検索結果で上位表示されるのと同じく、ユーザーにとって有益な良い動画と判断されればYouTubeやGoogleの検索結果で上位表示されるようです。YouTube公式において具体的な点までは言及されていない部分となりますが、ヘルプページにおいて「特定のトピックについての専門性、権威性、信頼性を備えたチャンネルの特定に役立つシグナルを識別する」との説明があります。

また動画終了後、次の再生候補として表示されるおすすめ動画や関連動画などでの露出も増える可能性が高くなります。自社チャンネル以外のその他の動画やチャンネルからの集客も見込めるでしょう。

動画が有益と判断されるポイントは、再生回数が多いだけでなくユーザーの滞在時間が長く離脱が少ない、高評価やチャンネル登録者数が多い、といったことも含まれる可能性があります。YouTube公式ページ内の説明において、検索結果やおすすめ動画に表示される条件として「同じ動画をおすすめされた他のユーザーが最後まで視聴したかどうか」「個々のユーザーにとって検索結果が関連性の高いものになるように、検索履歴や再生履歴を考慮する場合もある」といった説明があるように、YouTubeは複合的な要素を実にさまざまな条件で照らし合わせて、ユーザーに有益な動画を届ける仕組みを構築しているのです。

そのためにはアップロードした動画の再生回数や時間などをSEOツールで分析し、視聴時間を伸ばすための動画作りや工夫、内容の見直しが求められます。ほかにもクリック数や外部からの流入を増やすために、動画チャプターの導入、クリックしたくなるサムネイル画像の制作、チャンネルのSEO対策、ブログやSNSなどへの動画埋め込みなどの施策も有効です。たとえば動画チャプターを使えば動画をセクションごとに目次をつけて一覧表示できます。視聴者は好きなところから動画を再生できるため、視聴者の満足度向上にもつながるでしょう。

YouTubeのSEO対策で得られるメリットや効果

YouTubeの動画一覧

YouTube動画のSEO対策を行うことで得られるメリットや効果を解説します。

YouTube内外からの動画アクセス数の増加

YouTube動画のSEO対策を行うことで、YouTube内はもちろん外部サイトからの流入も見込めます。YouTube内からの関連動画や関連キーワードでの流入、Googleなどの検索エンジンからの流入、動画埋め込みや拡散、シェアによってSNSやブログ、Q&Aサイトなど外部メディアからの流入も期待できるため、総アクセス数や再生数の増加につながるでしょう。

YouTube動画による効果的なプロモーション

商品やサービスの紹介、企業や事業のブランディングなどを目的とした動画マーケティングを目的に、YouTube動画の制作やチャンネルの開設が行われることも多いです。動画マーケティングのためのYouTube動画なら、SEO対策を行ってより多くの人へのプロモーションを行うことが一層大切になるでしょう。

YouTube動画からの収益アップ

SEO対策を行うことで多くの視聴者の流入が見込め、再生回数や再生時間の伸びにもつながります。YouTube動画の収益化の面でもSEO対策はメリットが高いです。

動画のクオリティの向上

YouTube動画におけるSEO対策は、検索キーワードとの合致という観点の他に、YouTube側から「有益」と認められる動画制作を行うという観点も求められます。

上位表示させるためのSEO対策は、結果的に動画のクオリティそのものを向上させるのにも役立つでしょう。いいねボタンを押される回数やコメント数の増加につながり、視聴者からのエンゲージメントも増加します。マーケティング目的の動画なら、動画を通じてのコンバージョンの確率向上も期待できるでしょう。

Webページなど自社コンテンツへの総合的なアクセスアップも期待できる

SEO対策を行いYouTubeやGoogleのアルゴリズムに有益と判断された動画でアクセスを集めることで、Webサイトなど自社の他のコンテンツへユーザーを誘導することも可能となるでしょう。例えば動画内の「情報カード」機能を使って自社サイトをリンクすることもできますし、チャンネルの基本情報ページにサイトへのリンクを表示することもできます。SEO対策を行ったYouTube動画を活用することで、WebページやECサイト、オウンドメディアなどのアクセス増加にも有効です。

YouTubeのSEO対策での注意点やデメリット

パソコンの前で頭をかかえる男性

YouTubeのSEO対策において知っておきたい注意点やデメリットを解説します。

継続して対応しなければいけない

YouTube動画のSEO対策はWebページのSEO対策と同じく、一度行っただけではなく、継続して対策を行うことが重要です。YouTubeやGoogle検索のアルゴリズムが変化し、今までのSEO対策では評価されにくくなったときはもちろんのこと、視聴者のニーズ傾向が変かした場合などにも動画制作内容の改善が求められます。視聴者側が抱えている課題や市場のニーズを調べることも必要です。

プラットフォームの違いを踏まえておく

YouTube動画のSEO対策をすると、YouTube内だけでなく外部サイトからの動画への流入も期待できるようになります。ただし、外部からの流入を最大化するには、プラットフォームによる検索傾向の違いを把握しておかなければいけません。

たとえばYouTube動画内からは「実況」「レビュー」「実演」など、動画からの情報取得を前提としたキーワードで検索されます。一方Googleなどの検索エンジンからは、「ブログ」「記述」など文章からの情報取得を前提としたキーワードで検索されることがあります。

YouTube動画内ではテキスト前提のキーワードは検索されることがほとんどありません。YouTube内部からの検索に特化するか、外部からの流入も踏まえているかによってSEO対策で選定する最適なキーワードは異なるため、注意が必要です。

効果が出るのに時間がかかる

WebページのSEO対策と同様、YouTube動画のSEO対策は効果を出すのに時間がかかります。商品やサービスのプロモーション方法としてSEO対策と比較される方法に広告やCMがあります。広告やCMはSEO対策よりも即効性はあるものの、コストが高いです。YouTube動画のSEO対策は即効性はないものの、コストがおさえられるため継続的なプロモーションには向いています。

用途に応じてプロモーション方法を選ぶか、SEO対策と他のプロモーション方法を併用するかを検討するのも重要です。たとえば新事業のスタートや新商品の発売、限定キャンペーンなどスピーディに広く情報を周知したい場合は、YouTube動画による継続的なSEO対策よりも、リスティング広告やCMが向いている場合があります。

ペナルティを受ける可能性がある

間違ったSEO対策を行うと、YouTubeよりペナルティを受けます。たとえばWebページでは不要なリンクを多く貼る、メタタグにキーワードを多く詰め込む、コピーコンテンツになっている、などの状況は不適切なSEO対策と言われています。Googleからのペナルティとして、検索順位が落ちたり、検索圏外として結果から表示されなくなったりすることがあるでしょう。

YouTube動画の場合でも、再生数を故意に上げる操作を自身でするなど不適切なSEO対策をすると、ペナルティを受ける可能性が高いです。動画投稿者側で一定のアルゴリズム対策が行われるとペナルティの基準も変動することがありえるため、SEO対策と同じくペナルティとならない動画制作も継続的に行う必要があります。

手間がかかる

YouTube動画のSEO対策は、キーワードや検索ボリュームの調査、動画への施策、外部サイトへの動画の埋め込みなど多岐にわたります。一つひとつを行っていくのは多くの手間となります。YouTube動画のSEO対策を効率的に行うには、目的に応じたSEOツールの導入が有効です。

YouTubeの無料SEOツールおすすめ5選

アナリティクスの画面

無料で利用できるYouTubeのSEOツールを紹介します。

YouTubeアナリティクス

YouTubeの公式管理システムである「YouTube Studio」の機能のひとつです。サイドメニューの「アナリティクス」からアクセスすることで、チャンネルや動画に関する以下のようなレポートを表示できます。

・概要(最新の動画とチャンネルの通常のパフォーマンスとの比較、リアルタイムや最新10個・過去7日間のパフォーマンス、 視聴回数による動画の人気ランキング)

・視聴者が動画へリーチした手段や流入経路(トラフィック ソースの種類、外部サイトや関連動画・再生リストからのトラフィック、YouTubeで動画サムネイルが表示された(インプレッション)回数、インプレッションから動画が再生されたクリック率、クリック率と総再生時間の関係、検索キーワード)

・視聴者がどれだけ動画を見たか(過去28日間で特に総再生時間が長い動画と再生リスト、効果的だった終了画面と終了画面要素タイプ、人気のコミュニティ投稿)

・動画を見ている視聴者の概要(過去90日間視聴者が増加している動画、過去28日間の視聴者がYouTubeにアクセスしている時間帯、チャンネル登録者のベル通知設定状況、チャンネル登録者の総再生時間、年齢と性別、地域、字幕言語の分布、視聴者が見ている他のチャンネルと他の動画、オンラインアクティビティ)

・YouTubeパートナープログラムに参加している場合の収益(過去6ヶ月間の月別の推定収益、収益の内訳、有料コンテンツやSuper Chatなどの取引によるトランザクション収益、収益額が上位の動画、広告の種類)

YouTube Studioに付属した機能のため、インストール不要で利用できるのも魅力です。無料で気軽に導入できます。流入キーワードの調査や動画の分析に役立つツールです。

vidIQ Vision for YouTube

YouTube動画やチャンネルの分析ツールです。複数のブラウザにインストール可能で、Google Chromeの拡張機能もあります。無料プランでは以下の機能が使えます。

  • ・vidIQスコア(独自のクロスプラットフォームアルゴリズムでYouTube動画をランク付けし最適化スコアを割り当て関連動画、検索、おすすめ動画のプロモーション予測ができる)
  • ・1時間あたりの再生回数を測定し、動画の加速度を確認できる機能
  • ・平均総再生時間のレポート
  • ・Facebook、Twitter、Redditでのいいね、共有、コメントの回数の確認
  • ・YouTube動画のメタタグなどのSEOデータの表示
  • ・1分あたりの単語数
  • ・動画説明に追加するリンクの提案
  • ・説明の単語数や長さの適正度に関する提案

有料版へアップグレードすると、以下の機能も使えるようになります。

  • ・vidIQ Pro(履歴データから人気のある動画を抽出、キーワード調査により最適なキーワードの取得とその後の結果の追跡、広告プロモーションの実行)
  • ・vidIQ Boost(Proの機能に加えてYouTube動画のタグ、タイトル、説明の最適化、「vidIQキーワードエンジン」の利用、サムネイルのプレビューなど)
  • ・vidIQ Boost+(Boostの機能に加えてYouTubeコーチによる、分析などに関するコーチングが毎月受けられる)

Ahrefs YouTube Keyword Tool

公式サイトから関連キーワードの提案が無料で利用できるSEOツールです。動画と関連性の高い数千のキーワード候補をすぐに出してくれるため、SEO対策のためのタイトルやタグ、説明文のヒントが得られる他にも、動画コンテンツ制作のアイディア探しにも役立つでしょう。レポートには以下の4種類があり、レポートによって異なるキーワードが提示されます。

  • ・Phrase match report…対象とする単語を含む検索クエリを表示
  • ・Having same terms report…対象として入力した単語のすべての語句を含む検索クエリを表示
  • ・Newly discovered report…Ahrefsのデータベースに追加された最新のキーワードを表示
  • ・Questions report…入力したキーワードに基づいた視聴者からの質問を探せる
  • 有料プランでは、以下のフィルタリング機能やキーワード候補のリストへの保存も可能です。
  • ・Search volume …特定の国のユーザーが月にどのくらい対象キーワードを検索しているかを表示
  • ・Word count…検索キーワードの単語数
  • ・Clicks…対象キーワードの検索結果における月間平均クリック数
  • ・クリック率(CPS)…ユーザーが指定したキーワードを検索した時、平均で何種類の検索結果をクリックするかを表す指標
  • ・再帰率(RR)…指定したキーワードを再び検索する人の割合

ラッコキーワード

入力したキーワードの共起語、サジェストなどのSEOキーワードを一括で取得できるツールです。YouTubeのほかGoogleやBing、Amazon、楽天、Q&A、マルチサジェストにも対応しています。無料プランでは各種キーワード調査が1日当たり合計50回、見出し抽出と共起語取得が合計15回、機能全般の利用が合計65回まで可能です。

有料プランでは、プランごとに機能の1日当たりの使用回数が増加します。普通のサジェスト機能よりもより多くのキーワードを取得できるほか、複数の検索エンジンからのキーワード取得が可能となるサジェストプラスや、複数人の利用も可能です。

Google広告

Googleアカウントがあれば利用できるツールです。予算の設定が可能で、無料でも利用できます。広告のクリックなどの広告成果が出た場合のみに費用が発生するため、Google広告の機能であるキーワードプランナーを使ってのキーワードや検索ボリュームの調査は無料で使えるのが特徴です。小規模なキャンペーンの設定などは~10万円の予算で利用でき、10万円~の予算では、初期設定の電話サポートや、設定時のサポートが受けられます。

有料SEOツールや支援サービスおすすめ5選

analyticsの検索結果

YouTube向け有料SEOツールや支援サービスを紹介します。なお、有料SEOツールや支援サービスの中には一定期間無料で使えるお試しプランなどを設けているものを選んでいます。すでに無料のSEOツールを使っていて有料のSEOツールや支援サービスの導入を検討しているときにもおすすめです。

YouTubeの画面

【関連記事】最適なYouTube動画運営にはSEOツールが必須! SEO対策の重要性やポイント、方法を紹介

Webページと同じように、YouTube動画が検索結果で上位表示されるためには、SEO対策が必要となります。YouTube動画におけるSEO対策の概要や必要な要素、SEO対策の方法と利用できるSEOツールを解説しています。YouTube動画のプロモーション効果の最大化にぜひ役立ててください。

KamuiTracker

過去5年間(2016年以降)に実施された、6万件以上ものYouTuberタイアップを含めた3,000万本以上の動画データと、10,000事例以上のタイアップ動画の商品データを蓄積した日本国内最大級のYouTube分析ツールです。

自分が動画を投稿しているYouTuber本人ならチャンネル登録者数が100人以上で登録でき、一部機能が無料で利用できます。自社のチャンネルや動画の他、競合の動画やチャンネルの分析も可能です。マーケティングのためにYouTuberのタイアップ動画の制作を検討している場合、商品やサービスに合うYouTuberの提案も受けられます。

各料金プランは資料請求または問い合わせにて確認できます。

DOOONUT

動画マーケティングの支援および分析ができるツールです。以下の機能がありプランによって使用できる機能が異なります。

  • ・ヒートマップ機能
  • ・分析レポート機能
  • ・クリック・アクセス分析
  • ・エンゲージメント分析
  • ・YouTube、Facebook、Twitterへの動画一括配信
  • ・インタラクティブ動画生成機能
  • ・動画オウンドメディア作成
  • ・動画分析機能
  • ・埋め込みタグの発行
  • ・記事投稿機能
  • ・SEO設定
  • ・動画ABテスト機能
  • ・移動計測機能
  • ・戦略マップの作成
  • ・動画制作クリエーター派遣

簡単な操作だけで動画ポータルサイトを制作できるため、これから動画制作を検討しているときにも向いています。

料金プラン

  • ・インタラクティブ機能限定プラン…初期費用50,000円+月額費用50,000円
  • ・補助金対応DOOONUTライセンスプラン(全機能利用可)…初期費用100,000円+月額費用100,000円
  • ・補助金対応DOOONUT活用コンサル付きプラン…初期費用300,000円+月額費用300,000円
  • ・DOOONUT動画制作年間契約プラン…初期費用300,000円+月額費用500,000円

※株式会社サムシングファンに動画制作を依頼した場合のみ利用できる無料プランあり(月額0円でインタラクティブ機能3つまで利用可能)

※すべての機能を利用できる無料トライアルあり

RAYSUS株式会社

動画マーケティング支援を行うRAYSUS(レイサス)株式会社は、動画サイトSEOサービス「YEO」を提供しています。独自のAIによる分析に基づいた動画の各種設定や編集を行い、YouTubeの検索結果の上位表示に加えてユーザーの流入が多い表示枠への表示に効果を発揮するSEO対策ができます。複数の経路からの視聴者の流入による、動画の再生数アップが期待できます。

YEOは、動画の撮影以外のフローをすべて代行するのも特徴です。SEO対策のためのキーワードの選定や動画制作などの手間も省けます。SEO対策を含めて、動画プロモーション業務へのリソースが不足しているときにも、選択肢となります。

月額利用料金などの詳細は、公式サイトより問い合わせが必要です。

株式会社AtoOne

動画マーケティングに関するさまざまな支援を行っているのが、株式会社AtoOneです。動画の企画や制作やSEO対策をワンストップで依頼でき、集客のPRや効果測定まで支援が受けられます。YouTube動画において、アクセス解析や定性調査を行ったうえで適切なキーワードや流入が見込める適切なリンク先を優先順位をつけて選定します。

動画マーケティングのためのYouTuberのキャスティング支援も行っています。従来アナログだったYouTuberのキャスティング業務をデジタル化することで、より動画やマーケティングの目的に合うYouTuberを効率よくキャスティングできるような取り組みを行っています。キャスティング業務は登録料無料で利用でき、実際にオファーと起用をしたYouTuberの人数に応じて料金が発生するシンプルな設定となっています。

プロフィール株式会社

動画コンテンツの制作から動画マーケティング支援までを手掛けるのが、プロフィール株式会社です。商品やサービス紹介のほか、採用、企業紹介などの幅広い目的に応じた動画制作を行った実績があります。

YouTube動画では、アカウントの作成や配信、SEO対策、管理代行までの支援を行っています。YouTubeマーケティングの初期設定や動画制作まで任せられるほか、長期的な運用が必要となるSEO対策と管理代行サービスも行います。管理代行サービスは、最低契約期間である6ヶ月を経過すれば、いつでも解約可能です。SEO対策は継続しつつ、短期間のみ管理も任せたいときなどに選択肢となります。

YouTubeのSEOツールは無料から有料まで揃っている

YouTubeのSEO対策の概要と、メリットや得られる効果、デメリットや注意点のほか、有料・無料のSEOツールや支援サービスを紹介しました。

YouTube動画を多くの人に見てもらうためには、動画ごとに適切なSEO対策が必要となります。SEO対策はユーザーの課題やニーズを踏まえたうえで、キーワード設定や動画の内容の見直しなど、継続的な施策が求められます。

SEO対策が効率化できるSEOツールや支援サービスを導入すれば、YouTube動画の露出機会の増加による再生数アップが見込めるだけでなく、視聴者に魅力的な動画を提供することにもつながります。SEOツールを上手に導入し、効果的なYouTube動画プロモーションを実現させましょう。

【パスカル】導入企業、急上昇中!
誰でも簡単に使える『SEOに強い』コンテンツマーケティングツール

パスカルは、簡単な操作で、新しい記事の作り方や既存記事のSEO改善点がわかるコンテンツマーケティングツールです。

※土日含まない4日間使える無料体験版あり!

関連記事