多様なジャンルのオウンドメディア成功事例を活用してSEO上位ランキングを目指そう!

自社の製品紹介、提供するサービス内容、自社ブランディングや顧客ニーズを満たすためにオウンドメディアを活用している企業が増えてきている昨今。

自社の採用促進や企業理念などから、顧客やユーザーを魅了するための発信ツールとしても効果を発揮しているオウンドメディアですが、必ずしもそれが成功を生み出すという保証はどこにもありません。

オウンドメディアの運用には、人的にも金銭的にもコストが掛かりますし、サイトを開設しても集客まで長い時間を要するため、実際導入しても、多くのオウンドメディアが上位表示までにはいかず失敗しているという現状もあるのです。

成功を生み出すオウンドメディアの構築、運営を行うにあたり、どういったことを念頭に置き、進めていけばよいのか様々なジャンルのオウンドメディアの成功事例とともにご紹介していきます。

また、オウンドメディアについて知りたい方は以下の記事もご参照ください。

緑の樹木にかぶさった青空に白文字で描かれたowned mediaの文字

【関連記事】オウンドメディアとは? 定義やメリット・デメリットなど基礎知識を解説!

オウンドメディアは自社が所有するメディアの総称です。Webマーケティングでは、顧客にとって有益な情報を発信するWebサイトやブログに限って呼ぶことがあります。この記事では、オウンドメディアの定義やメリット、デメリットなどの基礎知識を解説しています。

成功を生み出すオウンドメディアから見えてくるもの

「SUCCESS」の文字と鍵

世の中の流れに乗って、闇雲に立ち上げれば良いというわけではないオウンドメディア。
では、実際に成功しているオウンドメディアにはどういった特徴があるのか、どういった目的で構成され運用されているのか、気になるところだと思います。
基礎的なことからの解説になりますが、今回は知識の再確認としてお役立てください。

まず、多くの企業に共通しているのが、ユーザーの興味関心を引く有益な情報を沢山発信している、という点です。サイトに訪れたユーザーや顧客が満足するようなコンテンツを豊富に用意することで、顧客の心を掴み、自社製品への愛着を深めてもらうことに成功したり、自社の理念に共感してもらうことでファンを増やすといったことにも大きく貢献します。
ですから、各企業それぞれのユニークなアイデアや発想が非常に重要になってくるわけです。

とはいえ、自社の成し遂げたいゴールに向かうためにはどのようなメディアを構築すればよいのか、オウンドメディアのメリットやデメリットについても知っておきましょう。

メリットに関して言うならば、一例として、広告費の削減、ブランディング構築に一躍貢献してくれる、SNSで拡散しやすい、といったことが挙げられます。
広告費に関してですが、自社が運営・管理をしていくため、一度メディアを立ち上げてしまえば広告宣伝費は掛からないのでこれはかなり大きなメリットと言えます。ただ注意したいのは、サーバーの管理費や人件費などは掛かるということです。
ブランディングに関しては、企業や商品のイメージを顧客やユーザーに強く印象付けることですから、自社独自のメディアを保有することはメリットになります。

さらに自社運営のオウンドメディアがあることにより、広告やSNSから興味を持ってくれた人を自社サイトへ誘導しやすいというメリットもあります。
SNSは幅広い年齢層やジャンルの人々へ発信できるため、拡散しやすいという点も大きなポイントとなります。

デメリットを挙げるならば、最初に初期費用などのコストが掛かること、効果が出てくるまでに長期的な時間を要する点や、メディアの運用や管理等に手間が掛かること、などがあります。広告や宣伝は一時的にコストは掛かっても、一気に集客が見込めるのに対し、オウンドメディアは広告費は削減できても、新規顧客獲得に時間を要したり、ユーザーに浸透するまでに時間を要するという場合があります。有益で役立つ様々な情報やコンテンツを、継続的に運営し、管理していくこと、さらに企業の想いも大切に育てていくという意識が必要になるのも、オウンドメディア運営成功の秘訣と言えるでしょう。

成功事例を参考にする際に押さえておきたいポイント

「GOAL」の文字

成功している企業の運用しているオウンドメディアの特徴、目的等を今一度認識した上で、そういった様々な事例を参考にする際、どのように自社のメディア構築や運用に活かしていけば良いのか、確実に押さえておきたいポイントをいくつかお伝えしていきます。

目的を明確にする

まずは、オウンドメディアを立ち上げる目的というものを明確にすることは非常に重要です。
なぜならテーマを的確に選び、絞り込んで制作していくことで、自社のブランディングの確立や、認知度アップ、売上増加等の成果に結びつきやすくするためです。

ユーザーの視点に立った役立つサイト作り

ただオウンドメディアを立ち上げればよいというものではなく、多くの人に必要とされるメディアとなるよう、ユーザーの心に働きかける工夫は必須です。当然ながら、自社の言いたいことだけをアピールしてばかりでは、ユーザーの心には響かないでしょう。そうなると自社の望む結果は得られず、メディアとして意味がないわけです。ユーザーとの接点を上手に作れるようになれれば、自社の製品やサービスを認知してもらえるようになるだけでなく、企業そのもののファンになってもらうことにも繋がります。そうなっていくためにも、ユーザー目線を大切にしたオウンドメディアを構築していきましょう。

ターゲットを設定する

自社の製品を売り込むだけの目的では成功とは言えません。
そして、製品を売ること、売れること自体がゴールでもありません。
誰に届いてほしいのかターゲットを定めるのは重要です。このメディアをどのような人が見てくれるのだろうか、また今後どういう人が見てくれるようになるのか、といった想像力を働かせ、あらゆる角度から将来的なメディアの可能性をイメージすることが大切なポイントです。

SEOを考えて記事を作成する

オウンドメディアを運営するからには、SEOランキング上位を目指したいと考えることでしょう。検索結果で上位に自社ページが表示されれば、より多くの人にサイトに訪れてもらう機会を増やせます。

そのために有用な手段としては、「SEO対策・分析ツール」といった類のツールがあります。多くのWeb制作・マーケティング企業もSEO対策・分析ツールを活用し、オウンドメディアの集客効果を向上させています。

SEO対策・分析ツールは簡単な操作、少ない工程で正確な数値に基づいて競合サイトの分析もしてくれます。正直SEO対策作業というのは大幅な時間を要する、というのが本音ではないでしょうか。SEO対策・分析ツールはその作業時間を短縮させ、最適なキーワード選定やサイト分析などを行ってくれるツールです。オウンドメディアの立ち上げ・構築にあたって必要となる可能性が高い手段として、検討しておくとよいでしょう。

自社で制作するのか、外部の制作会社に依頼するのか

自社で制作する場合、予算などについても検討する必要があります。
オウンドメディアは継続して運営してこそ価値があるため、今後も自社で管理していけるのか社内でしっかりと確認し、話し合いましょう。

自社にサイト制作を出来る人材やチームがない、社内ではそこまで手が回らないという場合には、予算等を考慮の上で、外部に制作依頼することを検討するのも賢い選択かもしれません。

自社ブランディング確立に成功しているオウンドメディア事例

「About us」と書いているビジネスマン

ここでは自社ブランディングに成功している企業の事例をいくつかご紹介します。
各企業の発信するコンテンツの特徴や、独自の魅力について詳しく解説していきます。
自社ブランドを多くの人に認知してもらうことで、既存顧客のニーズを満たすだけでなく
新しいユーザーにも自社の製品やサービスを知ってもらい、より多くの新規顧客獲得に繋げていくためのノウハウは、大いに役立つはずです。

WACOAL BODY BOOK(株式会社ワコール)

言わずと知れた下着メーカー「ワコール」による女性の下着とボディメイクに関する情報サイトです。
「かしこくキレイなわたしをつくろう。」をテーマにしたコンテンツを展開しています。
自分に合ったものを、自分で選び取れる時代である、という信念の強さを感じさせるサイトは、下着だけでなく、あらゆる女性のそれぞれの美や健康に合ったものを、自由に選べる選択肢を与えてくれます。内面の美に関してもアプローチするような幅広いテーマで女性の美への探求心を刺激するような魅力あふれる情報満載のコンテンツとなっています。

URL:https://www.bodybook.jp/

みちくさガイド(株式会社星野リゾート)

最初の旅館を開業からしてから100年を超え、リゾート業界の老舗である星野リゾートの情報サイトです。
全国に星野リゾートが展開している宿泊施設がありますが、その土地ならではのフレッシュな情報を、現地で暮らし働く社員が自ら発信し、ご当地グルメや最新のおすすめ観光情報などを提供してくれています。
宿泊施設の検索機能も充実しているので、各地の星野リゾートについて興味関心を引きつけられたところで、そのままやってみたい「体験」や、泊まってみたい「地域」等から空室検索をすることが出来たり、空いていればそのまま予約サイトへと移行できるようになっています。現地のスタッフを顔写真付きでプロフィール紹介している点も、より親しみを感じてもらい、自社への愛着を持ってもらうことでファンを増やすことに成功しているメディアです。

URL:https://www.hoshinoresorts.com/guide/

ほぼ日刊イトイ新聞(株式会社ほぼ日)

少し特殊なオウンドメディアと言えるのがこちらのサイト。
通常は先に企業のサービスや商品があってからWebマーケティング戦略やブランディングを確立するためにオウンドメディアを立ち上げる、といった流れになると思いますが、「ほぼ日」はその逆の成り立ちから始まった企業なのです。
1998年6月6日に創刊されたこのWebサイトは、コピーライターの糸井重里氏が主宰し、
創刊日から一日も休まず更新されています。サイト内では様々な方へのインタビュー記事が掲載されていたり、コラムやライブ中継配信などのコンテンツもすべて無料で楽しめるようになっています。

URL:https://www.1101.com/home.htm

個性的なオウンドメディア事例

個性的な女性とデザイン

あらゆる業界の個性豊かな、インパクトのあるオウンドメディアというのは多数ありますが、そのうちのいくつかをこちらでご紹介します。自社ビジネスのオリジナリティを生かす方法のヒントを探ってみてはいかがでしょうか。

ブックオフをたちよみ!(ブックオフグループホールディングス株式会社)

2022年現在、日本最大級のリユースチェーンを展開するBOOKOFF。
全国に店舗を持ち、その知名度の高さや、独特な企業理念などの強みを生かした個性的なオウンドメディアを運用しています。誰もがスマホで気軽に見れるようなデザインでメディア構築がされており、コンテンツも「ショートショート」「ブックオフの裏側」「やってみた」など興味をそそるタグが並んでいて非常にユニークです。BOOKOFFの長い歴史や、社長や社員の熱い想いなどが随所で垣間見れるようにもなっています。

URL:https://bookoff-tachiyomi.jp/

エンぺシドL(佐藤製薬株式会社/バイエル薬品株式会社)

ややデリケートな題材にはなりますが、こちらは腟カンジダ再発治療薬である「エンぺシドL」のプロモーション施策となるコンテンツです。
ブランドサイト上に、とても興味を引く形で漫画コンテンツが掲載されています。
デリケートな部分の症状に関して、発症する原因や対処法など、ユニークなキャラクター設定で漫画にして訴えかけてくる、なんとも新感覚なメディアとなっています。関連する商品の詳細がわかるだけでなく、商品をサイトから購入できるようになっているのもユーザーにはとても助かるポイントでしょう。

URL:https://www.empecid.jp/special/

採用促進系オウンドメディア事例

握手しているビジネスマン

採用促進に成功しているオウンドメディアをいくつかご紹介していきます。どれも求人情報には載せきれない企業の想いをメディアを通して伝える工夫がされています。採用促進系を考えているのであれば是非とも参考にしていただきたい事例を見ていきましょう。

キャリアハック(エン・ジャパン株式会社)

IT業界で働く人のために作られたWEBメディアで、そういった業界で活躍する人のライフスタイル、新社会人へ向けた熱いメッセージや体験談、おすすめの読書本やインタビュー記事などが掲載されています。Web系のノウハウだけでなく、働く人たちの「生き方」にスポットを当て、業界への興味関心を引きつけ、人材確保やサイト利用者を促すようなコンテンツが特徴となっています。

URL:https://careerhack.en-japan.com/

野村パスポート(野村グループ)

ワールドワイドな企業である野村グループが生み出した、新しい採用プログラム。
理工系の博士後期課程に在籍する学生向けの採用プログラムで、ワークショップ終了後、選考通過者に「野村パスポート」が付与される仕組みです。このパスポートを持つ学生は、卒業までの好きなタイミングで入社可能とされているため、就活と自身の研究活動を並行して行う必要がなくなり、学生として研究活動に重点を置くことを可能にしたオウンドメディアの事例です。

URL:https://nomurapassport.com/

サイボウズ式(サイボウズ株式会社)

「新しい価値を生み出すチームのメディア」をコンセプトに運用されている情報発信サイトです。サイト内のカテゴリーも、見やすくわかりやすい一覧になっており、内容もユーザー目線で語りかけるような記事が目を引きます。ユーザーとの関係性を強くする工夫が凝らされています。イベントレポートには、著名人のインタビューなどもあり、様々な業界の仕事に興味を持てるようになっています。

URL:https://cybozushiki.cybozu.co.jp/

趣味や暮らしにアプローチしたオウンドメディア事例

シンプルなインテリア

普段の暮らしの中で、身近な商品からちょっと贅沢な商品などを提案し、暮らしを豊かに彩るサービスや商品を提供している企業が運営しているオウンドメディアをいくつかご紹介します。

キナリノ(株式会社カカクコム)

自分らしい暮らしを楽しむ人へ向けた「これが好き」、「これが心地よい」と感じてもらえるようなお買い物体験、自社で取り扱う商品の使い方やファッションやインテリアコーディネート例などを取り上げている情報サイト。ユーザーに寄り添ったコンテンツが豊富で自然と購買意欲をそそられるサイトとなっています。

URL:https://kinarino.jp/

DIYer(s)(株式会社カシワバラ・コーポレーション)

インフラメンテナンスやリフォーム事業を行う企業が運営するライフスタイルメディアです。「自らの手で毎日の暮らしをより良く変えていくこと」そんなDIYマインドを持ったオトナのための情報サイトとなっています。写真付きでDIYの様子を解説していたり、リフォームの知識や快適な住まいづくりのヒントなどを発信しており、普段の暮らしが少し特別な気持ちになるような、美しいサイトに仕上がっています。
記事によっては、その記事で紹介したDIYの図面を資料としてダウンロードできるなど、ユーザビリティが高いこともポイントです。

URL:https://diyers.co.jp/

SINGLE HACK(株式会社キャリアインデックス)

一人暮らしの方向けに賃貸での物件選びのポイントやインテリア、一人暮らしの節約術といった役立つ情報を発信しています。様々なテーマのまとめ記事が多いので、人気のある記事なども一目でわかるようになっています。賃貸情報も検索できるようになっているので、一人暮らしを始めるユーザーの集客や、自社賃貸物件サービスの利用者増加にも繋がるような工夫がされています。

URL:https://cbchintai.com/singlehack/

美容・ファッション・ライフスタイル系オウンドメディア事例

おしゃれなブティック

美容やファッション、ライフスタイルに特化したオウンドメディアを紹介します。
大手企業からクリニックまで独自のカラーがある様々なメディアの特色を通してオウンドメディアの役割を感じていただけると思います。

花椿(株式会社資生堂)

資生堂の運営する「花椿」は、もともと雑誌としてスタートしたものですが、メディアを通して美容に関することだけでなく、アートやファッション、音楽など様々な角度から読者の心に訴えかけてきます。外面の美だけでなく、内側の美や感性を磨いていける工夫が随所にちりばめられており、洗練された企業のブランドイメージにも繋がっています。

URL:https://hanatsubaki.shiseido.com/jp/

ストレッチポール公式ブログ(いまにじあ株式会社)

健康商品「ストレッチポール」を販売している企業の情報サイトで、商品の使い方や効果的なトレーニング方法などコンテンツが豊富です。自社製品に関する積極的なアピールを通して、商品購入ページへ繋げています。

URL:https://stretchpole-blog.com/

オシャレの教科書(株式会社ドラフト)

「オシャレに悩む男性のために」立ち上げられたメンズファッションの情報サイト。
10年以上の実績を誇るバイヤー兼スタイリスト講師が「オシャレになるための知識」を伝えています。
コーディネートのバリエーションも豊富で、気になったファッションアイテムはそのまま商品詳細ページで購入できるようになっています。

URL:https://www.clubd.co.jp/post-384469.html

歯医者が教える歯のブログ(おかざき歯科クリニック)

横浜市を拠点とする「おかざき歯科クリニック」の情報サイト。
歯にまつわる様々な情報や知識を得られるだけでなく、クリニックの特徴や治療の流れを知ることもでき、歯の状況について問い合わせたり、サイト上からそのまま診療予約もできるようになっています。

URL:https://hanoblog.com/

ソレドコ(楽天グループ株式会社)

「あなたの知らない沼がある」をコンセプトにしている趣味系サイトです。ユーザーの目線をとても大切にした運用が特徴的で、商品への売り込み感がないのにごく自然な流れで購入サイトへの流入を促すような作りになっています。
アウトドアやグルメ情報、若年層をターゲットにしたコンテンツ満載で飽きさせない工夫が凝らされています。

URL:https://srdk.rakuten.jp/

ハートに訴えかける企業理念・コンセプト系オウンドメディア事例

両手の間にハートのデザイン

最後に、しっかりとした熱いメディアコンセプトや企業理念を知ることができ、それでいて押しつけがましくない、そんな素敵なオウンドメディアを紹介します。
自社の考えや理念を自然なかたちで世間に知らせたい、とお考えの企業は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

キリンビール大学(キリンホールディングス株式会社)

ビールに関する様々な情報を発信している「大学」で、「ビールの全てをここに集めたい」という熱い想いから始まったサイトです。大学と名乗っているだけあり、実際に「醸造学部」「文化学部」「史学部」「芸術学部」「経済学部」「部活動」と、ユニークなカテゴリーでコンテンツが展開されています。ビールにまつわる知識を取り入れることで、ビールがさらに好きになり、ビールの種類に詳しくなれることで、よりビールを美味しく味わえるようになるので、ビールをもっと楽しみたい方には価値ある情報となるでしょう。また、ビールのあるライフスタイルを提案していくことで、顧客の購買意欲を掻き立て、ブランドの価値も上げることに貢献しています。
初めてサイトを訪れても、つい読み込んでしまうような、ビールに関する様々な知識や情報が満載です。商品だけでなく企業にも更なる愛着を抱かせる工夫がなされています。

URL:https://www.kirin.co.jp/alcohol/beer/daigaku/

Mercedes-Benz LIVE!(メルセデス・ベンツ日本株式会社)

車にまつわるライフスタイルを中心に扱ったコンテンツが展開されていて、車に特段興味関心のないような人でも楽しめるような内容で構成されています。
サイトの目次もスタイリッシュで、高級感漂う雰囲気は圧巻です。自動車のような高級商材は簡単に購入できるようなものではないため、いかに企業の発するメッセージやブランドストーリーに興味をもってもらえるだろうかと熟考して生み出されたサイトとなっています。サイトを訪れる人や顧客の心に響くようなコラムやインタビュー内容であったり、車を所有するオーナーそのものの人生をさらに豊かにするエッセンスとして存在しているような、上質なオウンドメディアの事例と言えるでしょう。

URL:https://mb-live.jp/

様々な成功事例を自社のオウンドメディア運用成功に役立てよう

ありとあらゆる企業の運用する、様々なジャンルのオウンドメディアをここまで見てきましたがいかがでしたか?
何度もお伝えしてきたように、オウンドメディアは、ただ運用すれば良いというものではなく、常にユーザーの視点に立ち、地道に研究を続け、改善を重ねていくといった継続的な努力が求められます。商品が売れればいいという時代ではなく、より顧客やユーザーのニーズを満たすため、多方面からアプローチをしていく必要性も事例を通しておわかりいただけたのではないでしょうか。

日々より良い進化を遂げていくためにも、様々な企業の成功事例を参考にして取り入れてみたり、自社で工夫しながらオリジナリティ溢れるコンテンツを増やしていけたら良いですね。自社の製品やサービス、特徴や個性、企業理念や社員の想いを通して、顧客との永続的な関係を築き、ファンを増やしていきましょう。効果的で、且つSEOランキング上位を目指したオウンドメディア構築に取り組み、自社の望む結果を生み出せる魅力あるメディアを是非とも実現させてください。

【パスカル】導入企業、急上昇中!
誰でも簡単に使える『SEOに強い』コンテンツマーケティングツール

パスカルは、簡単な操作で、新しい記事の作り方や既存記事のSEO改善点がわかるコンテンツマーケティングツールです。

※土日含まない4日間使える無料体験版あり!

関連記事