ページの最適化(SEO)作業を行う

内部SEO作業は、項目数が多く大変な作業です。パスカルは、URLとキーワードを指定するだけで、内部SEOで改善が必要な項目に対しての改善アドバイスをわかりやすく表示します。

ページの最適化(SEO)作業とは?

ページ内部のコンテンツ、HTMLタグ、サイト全体のリンク構造などを改善することができます。競合分析で分析した結果をもとに、ページ内部をどのように改善すれば良いか、具体的に改善アドバイスを表示します。ページのSEO作業を開始するには、トップページから黄色アイコン(SEO作業)をクリックします。

1.URLとキーワードを入力する

SEO作業ボタンをクリックすると、ポップアップウィンドウが表示します。分析したいURLとキーワードを入力して、分析ボタンをクリックしてください。

ページのSEO作業は、1ページに付き1キーワードが基本です。1ページに複数の異なるキーワードでSEOするとテーマが分散し、すべてのキーワードで上位表示しにくくなります。

2.改善アドバイスを確認する

ページの分析が完了すると、左にURLページの画面、右に改善アドバイス(赤枠)が表示されます。改善アドバイスに従ってページ内部を改善してください。

コンテンツ:検索結果で上位表示されるコンテンツに変える

検索エンジンは、検索ユーザーが求めている情報が正しく書かれているコンテンツを評価する傾向があります。

パスカルは、検索ユーザーが求めている情報を単語ベースでリサーチし、コンテンツに含めるべき重要なトピックや情報をリストアップします。

さらに、自コンテンツ内で検索ユーザーが求めている情報がどのくらい入っているか、使用頻度や割合をチェックします。

タグ:順位に影響するHTMLタグを改善する

タイトルタグやh1(大見出し)タグなどは、順位に影響する可能性があるタグです。

パスカルは、HTMLタグの各要素を抽出して、検索上位ページと比較分析します。その結果、検索上位ページの傾向から外れているタグに対して、改善アドバイスを表示します。

タグの最適化は、1つや2つ改善したからといって検索順位に大きなインパクトはありませんが、数十項目を同時に改善することで、順位に良い影響を与えます。

サイト内リンク:サイトのリンク構造を最適化する

サイト内への発リンク、サイト外への発リンク、サイトの他ページからの被リンクを分析して、サイト内のリンク構造を最適化するアドバイスを表示します。

あまり知られていませんが、サイト内からの被リンクも同じように評価されます。サイト内リンク構造は、自分で対策でき、かつ、ペナルティを受けない唯一のリンク対策です。改善アドバイスに従って、サイト内リンク構造を最適化してください。

ユーザービリティやクローラビリティ、ソーシャルを最適化する

alt属性の記述の有無やbodyタグの開始行、canonical属性、facebookなどのソーシャル拡散度を分析して、改善が必要な場合にアドバイスを表示します。

項目ひとつひとつは、とても小さなものですが、ユーザー(人)と検索エンジンロボット(クローラー)に優しいページ作りにすることで、検索エンジン評価は高まります。

3.レポートをエクスポートする

SEO作業を効率よく行うために、SEO指示書としてエクスポートできます。 画面上部のレポートボタンをクリックすると、 すべての改善アドバイスをまとめたレポートが表示されます。

「対策の具体的な道筋を立ててくれる。パスカルなしでSEOに取り組むのは、地図を持たずに山に入るくらい無謀な感じがします。」

ユミルリンク株式会社 渡辺 弘一 様
渡辺 弘一 様
セールス本部 営業企画部 シニアマネージャー
ユミルリンク株式会社
無料体験版を申し込む