wwwありなしをGoogleサーチコンソールで統一する方法

自分のサイトのwww有無を調べる

URLは、wwwを含むバージョンとwwwを含まないバージョンの両方を任意に指定できます。(例:http://www.example.comとhttp://example.comなど)

しかし、Googleはこの2つを別のページとして判断するため、正しく設定しないと重複ページとして認識されることがありますので、回避策として、GoogleサーチコンソールでサイトのwwwありなしをGoogleに指定することができます。

※重複ページ:内容が全く同じで異なるURLを持つページのこと。検索エンジンは、重複ページを1つしかインデックスしません。 重複ページ 内容が全く同じで異なるURLを持つページのこと。検索エンジンは、重複ページを1つしかインデックスしません。

※相対パスと絶対パス:相対パスとは、目的のファイルやURLを指定する際に、自分の場所(ディレクトリ)からみてパスを記述する(例:./sample/index.html)ことです。それに対して、絶対パスは自分の位置に関係なく、http://から始まるアドレス(URL)のことです。

自分のサイトがwww有り無しのどちらでインデックスされているか確認する

Googleサーチコンソールでwww有り無しを設定する前に、自分のサイトがGoogleでどのようにインデックスされているかを確認しましょう。

自分のサイトがGoogleにwww有りか無しかでインデック スされているかを調べるには、Googleの検索ボックスに「site:wwwなしのドメイン」で検索すると分かります。

xaeaadkw

検索結果がwww付きのものが表示された場合は、wwwを含むバージョンとしてGoogleにインデックスされており、www無しのものが表示された場合は、wwwを含まないバージョンとしてGoogleにインデックスされています。

検索結果にwwwを含むバージョンとwwwを含まないバージョンが混同している場合は、Googleサーチコンソールでどちらか一方に統一する必要があります。

サイト内外リンクのURLを確認する

インデックスにwwwを含むバージョンとwwwを含まないバージョンが混同している場合は、サイト内リンクが原因となっていることがあります。

相対パス(./sample/index.htmlなど)で記述されている場合は問題ありませんが、絶対パス(http://www.example.comなど)で記述されている場合は、パスの記述にwwwのありなしが混同していないかを確認してください。

wwwの有無を混同して記述している場合は、Googleサーチコンソールで申請するだけでなく、パスの統一も行ってください。また、サイト外からの被リンクでwwwありなしが混同している場合もGoogleインデックスのwww有無に影響しますので、被リンク元に変更申請ができる場合は行ったほうがよいでしょう。

wwwの有無を統一する方法

Googleサーチコンソールでwwwありなしの設定を変更するには、同じサイトを予め「wwwありバージョン」と「wwwなしバージョン」の2つ登録する必要があります。さらに、変更するユーザー権限は「オーナー」である必要があります。

Googleサーチコンソールにログイン後、画面右上の「サイトを追加」をクリックして「wwwありバージョン」と「wwwなしバージョン」を登録します。
すでに登録しているサイトがwww付きの場合は、wwwなしで登録。wwwなしで登録済みの場合は、wwwありで追加します。

xeajwdlq

wwwありとwwwなしの2つのサイトを登録したら、各サイトの「設定」→「設定」をクリックして、「使用するドメイン画面」を表示します。

cejwdleiqw

wwwを統一するほうを選択して「保存」ボタンをクリックします。
※Googleのインデックスにwwwありなしの変更が完全に反映されるまで時間がかかることがあります。
※使用するドメインを設定した後は、301リダイレクトを使って、使用しないドメインからリダイレクトすることをお勧めします。

aejkquw1

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

チャート式でポイントが分かりやすい!
検索順位が上がるコンテンツの特長と作り方!

本書では、Google 目線で「質の高いコンテンツ」を科学的に分析し、どんなコンテンツが高評価されているかを実例をもとに説明します。

  • コンテンツSEOとは?
  • キーワードによって必要なコンテンツ文字量は変わる
  • 情報の鮮度が鍵になるキーワード
  • 【例題 1】草津温泉に興味がある検索ユーザーの傾向を調べなさい。

etc...

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

最近の記事