ウェブマスターツールでサイトマップ(sitemap.xml)を送信する方法

ユーザー向けと検索エンジン向けに2つのサイトマップを用意しよう

サイトマップとは、サイト構造を示すシンプルなHTMLページで、たいていの場合はサイト内のページを階層的に表したリストで構成され、サイトを訪れた人が、目的のページを見つけるために閲覧するのが一般的です。

edfwejdlewku46745

一方、XMLサイトマップ(sitemap.xml)は、Googleウェブマスターツールを使って送信することができ、Googleがあなたのサイトにあるページを見つけ出す手助けとなります。

mqwdjleacuwe8

XMLサイトマップの利用は、どのバージョンのURLを標準としたいかをGoogleに伝える有効な手段の1つです。
例えば、使用するドメインとしてhttp://www.example.com/とhttp://example.com/のどちらを標準とするかをGoogleへ伝えることができます(ただし、必ず保証されるものではありません)。

 

sitemap.xmlを作成する

sitemap.xmlの作成方法は、Googleヘルプセンターの「サイトマップを作成する」ページがありますので、参考にしてください。また、sitemap.xmlを作成するツールも数多くありますので、Googleで「sitemap.xml作成ツール」と検索して探してみてもいいでしょう。

sitemap.xmlをウェブマスターツール に送信する

sitemap.xmlを作成したら、ウェブマスターツールに送信しましょう。送信したsitemap.xmlはGoogleに認識され、送信したsitemap.xmlリストをもとにクロールが開始されます。
ウェブマスターツールのメニュー「クロール」→「サイトマップ」をクリックすると、下図のような画面になります。

dqwdndawj3

sitemap.xmlをサーバーにアップロード後、「サイトマップの追加テスト」でsitemap.xmlがあるパスを入力します。
sitemap.xmlが認識されると送信したsitemap.xmlのウェブページ数と現在インデックスに登録済みのウェブページ数がグラフで表示されます。

asdknewijdw7

サイトマップを変更した場合は、該当のsitemap.xml画面からサイトマップを再送信します。

sdcwedkqlwamdoawdqw0

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

チャート式でポイントが分かりやすい!
検索順位が上がるコンテンツの特長と作り方!

本書では、Google 目線で「質の高いコンテンツ」を科学的に分析し、どんなコンテンツが高評価されているかを実例をもとに説明します。

  • コンテンツSEOとは?
  • キーワードによって必要なコンテンツ文字量は変わる
  • 情報の鮮度が鍵になるキーワード
  • 【例題 1】草津温泉に興味がある検索ユーザーの傾向を調べなさい。

etc...

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

最近の記事