コンテンツのトピック分析と共起語分析

検索上位に表示されているページのコンテンツから上位表示に必要な条件を分析します。

Googleは、検索ユーザーが求めている情報が正しく書かれているコンテンツを高評価する

パスカルは、検索ユーザーが求めている情報を単語ベースでリサーチし、コンテンツに含めるべき重要なトピックをリストアップします。さらに、自コンテンツ内で検索ユーザーが求めている情報がどのくらい入っているか、使用頻度や割合をチェックします。

コンテンツ作成にはルールがある

上位表示されるコンテンツにはルールがあります。
Googleは、コンテンツのオリジナル性を評価する一方で、キーワードに関連した内容がどのくらい含まれているかをみています。
パスカルを使えば、キーワードに関連した情報が単語単位でわかります。

上位ページが使用しているワードがわかる

検索エンジンで上位表示しているページのコンテンツには、共通して使っているワードが多数存在します。

例えば、「沖縄 ダイビング」というキーワードの場合、検索上位10位のページには、「沖縄」「ダイビング」の他にも、次のようなワードが使われています。(右画像参照)

使用率
100% 体験
100% 予約
90% ライセンス
90% ショップ
80% 取得
80% ツアー
80% 安心
80% 初心者
...

つまり、「沖縄 ダイビング」で上位表示しているページの内容は、「初心者向けの、ライセンスを取得できる安心安全なツアー情報」が多いことがわかります。

パスカルのコンテンツ分析は、検索エンジンが実際に上位表示しているコンテンツを分析して、上位ページが共通して使用しているワード群をリアルタイムに表示するので、コンテンツ作成の事前調査の短縮や重要なトピック漏れを防ぎます。

コンテンツ作成に役立つ共起語がわかる

コンテンツを作成する際、見出しのトピックが決まっても、その内容を掘り下げて書くのは大変な作業です。
特に、作成するコンテンツが自分が詳しくない分野だった場合は、事前調査だけでも多くの時間がかかります。

Googleは、特定のキーワードに対して関連性がある言葉、いわゆる共起語がどれだけ含まれているかを評価します。

例えば、「コンテンツマーケティング」というキーワードで上位表示しているページには、77%の割合で「ユーザー」という単語が出現します。
でも、「ユーザー」という単語を単に文中に埋め込んでもあまり効果はありません。

そこで、パスカルは、「ユーザー」につながりの強いワードをAI(人工知能)を使って分析します。(左画像参照)

・ユーザー視点
・つながり
・満足度
・ターゲット
・ペルソナ
・意図
・伝達
・信頼性
・集める
...

つまり、SEOを考えたコンテンツを作成する際は、「ユーザー視点を重視した、ユーザーが求める、満足度と信頼性の高い」ことを訴求する内容をコンテンツに入れると良いといえます。

検索ユーザーが求めるトピックがわかる

Googleは、検索ユーザーが求めている情報が書かれたコンテンツを評価します。でも、検索ユーザーが求めている情報をどのように知ればよいでしょうか?

パスカルは、キーワードを指定するだけで、そのキーワードで検索するユーザーが求めている情報をリアルタイムに分析します。

さらに、それらの情報が自分のページ内や上位ページ内でどれだけ使用されているかも同時にチェックします。

コンテンツで書くべきトピックが明確になるので、コンテンツ構成に必要なリサーチの時間を大幅に節約できます。

すべての情報をレポートで出力

コンテンツ作成に必要なすべての情報を加工しやすいCSVデータで出力できます。

CSVファイルには、上位ページで使用しているユニークワード(約3,000〜10,000ワード)の分析結果がすべて入っているので、上位ページのコンテンツを細かく確認することができます。

コンテンツ構成企画の初期段階からお使いいただいたり、ライターにコンテンツを依頼する際のコンテンツ指示書としてお使いいただけます。

スクリーンショット / コンテンツ分析

無料体験版を申し込む