コンテンツを採点する

Googleが評価するコンテンツの条件と比較して、足りない情報などを採点します。

Googleは、検索ユーザーが求めている情報が正しく書かれているコンテンツを高評価する

パスカルは、検索ユーザーが求めている情報を単語ベースでリサーチし、コンテンツに含めるべき重要なトピックをリストアップします。
さらに、自コンテンツ内で検索ユーザーが求めている情報がどのくらい入っているか、使用頻度や割合をチェックします。

コンテンツ作成にはルールがある

上位表示されるコンテンツにはルールがあります。
Googleは、コンテンツのオリジナル性を評価する一方で、キーワードに関連した内容がどのくらい含まれているかをみています。
パスカルを使えば、キーワードに関連した情報が単語単位でわかります。

Googleが評価するコンテンツの条件

Googleは、検索ユーザーが求めている情報が書かれたコンテンツを評価します。でも、検索ユーザーが求めている情報をどのように知ればよいでしょうか?

パスカルは、キーワードを指定するだけで、そのキーワードで検索するユーザーが求めている情報をリアルタイムに分析します。また、それらの情報が自コンテンツ内でどれだけ使用されているかも同時にチェックします。

コンテンツで書くべきトピックが明確になるので、コンテンツ構成に必要なリサーチの時間を大幅に節約できます。

上位表示するコンテンツにはルールがある

Googleは、コンテンツのオリジナル性を評価する一方で、キーワードに関連した内容がコンテンツにどのくらい含まれているかをみています。

パスカルは、Googleが順位を決める際の鍵となる「キーワードと密接に関係した情報」を統計的に3つのグループに分けて分析します。

  1. キーワードに強く関係する情報
  2. キーワードに関する周辺情報
  3. キーワードに関する幅広い情報

各グループが正しくコンテンツで言及されているか、パスカルを使えば細かく確認できるので、コンテンツの作成作業をルーティーン化できます。

検索上位コンテンツの類似度を分析

Googleは、独自のアルゴリズムにより、検索キーワードごとに検索上位に表示するWebページの傾向を変えています。

例えば、「羽毛」と検索すると、検索結果の1ページ目は、Wikipedia、羽毛布団メーカーのページ、羽毛に関する豆知識ページなどが表示されますが、「羽毛布団販売」と検索すると、検索結果の1ページ目は、羽毛布団を販売するページばかり表示されます。

これは、「羽毛」だけだとGoogleは、検索ユーザーが求める情報を絞り込むことができないため、検索結果の1ページ目に色々な種類のページを表示するアルゴリズム(多様的アルゴリズム)が働きます。

逆に、「羽毛布団販売」の場合、検索ユーザーが求めている情報がはっきりしているため、検索結果の1ページ目には羽毛布団を販売するページのみを表示するアルゴリズム(類似的アルゴリズム)が働きます。

あるキーワードで上位表示したいと考えるなら、そのキーワードで検索した際にGoogleがどちらの(多様的か類似的か)アルゴリズムを使って検索結果を表示しているかを事前に知ったうえでコンテンツを作成しないと検索結果にヒットしてきません。

パスカルは、キーワードを入力するだけで、検索上位コンテンツの類似度を計算するため、検索上位にヒットしやすいコンテンツ傾向を知ることができます。

スクリーンショット / コンテンツ分析

無料体験版を申し込む