コンテンツの傾向

コンテンツの傾向は、上位ページのコンテンツ同士を比較し、ページ同士の内容が似ているか、もしくは、多様なのかを分析します。

はじめに(検索結果ページの基本)

Googleでキーワード検索すると、検索結果が表示されます。あなたは、検索結果ページの上から順番にみて、自分が探している情報が入っているページを探します。
多くの場合、1ページ目に自分の探している情報がありますが、そうでない場合は、さらにキーワードを絞り込んで検索します。

例えば、横浜で雛人形を買いたいと思った時、どんなキーワードで検索しますか?

「雛人形 横浜」
「雛人形 横浜 おすすめ」
etc…

このようなキーワードで検索すると、検索結果にはおそらく“横浜にある雛人形販売店のページ”が多く表示されます。 では、「雛人形」だけで検索するとどうでしょう?

「雛人形」だけで検索すると、検索結果には、飾り方、しまい方、修理請負、人気ランキング、販売サイトなど、多種多様なページが表示されます。

つまり、「雛人形 横浜」で上位表示したいなら、競合ページと似ている内容(同じはもちろんダメ)にしたほうが上位表示されやすくなりますし、逆に「雛人形」で上位表示したいなら、競合ページとまったく違う内容のほうが上位表示されやすくなります。

SEOする際は、検索結果を実際にみて、Googleが多種多様な結果を表示しているなら「競合が書いていない内容」、似ている結果なら「テーマを合わせる」という対策をとると上位確率が上がるのです。

ページ同士の類似度を計算する

パスカルは、上位表示されているページ(コンテンツ)同士の類似度を調べることで、狙っているキーワードの検索結果は多様な結果を表示しているのか、もしくは、似ている結果を表示しているのかを分析します。

まず、ページ同士の類似度を調べるため、上位表示されているページのコンテンツを他のページと総当たりで比較し、類似度を計算します。さらに、自ページのコンテンツを上位ページと比較します。
類似度は、%で表示され、類似度が高いほど濃い緑色になります。
casenmasuew7

類似度合いからコンテンツ傾向と対策を分析

検索結果で表示されているページのコンテンツの類似度合いから、SEOする際のコンテンツ作成の傾向と対策を表示します。

検索結果ページの内容が似ている傾向があると思っていたキーワードが実は多様的であったり、多様的だと思っていたキーワードが実は似ている傾向になっていたりするので、カンに頼ったコンテンツマーケティングからあなたを解放します。
xmaewbnyq5

上位ページごとの構成単語分析

さらに詳しく上位ページの単語構成を知りたい場合は、競合ページリストで上位ページの構成単語を見ることができます。
ewakdnw1