最適値について

最適値は、上位ページの統計分析の結果をもとに最適な数値の範囲を表示します。

最適値を目安に自ページを調整すれば、検索エンジンに評価されるページ傾向に近づけることができます。
zdsek

最適値の計算方法

最適値は、上位ページの全体数値を四分位に分け、そのうち、第1四分点から第3四分点の数値を表示しています。

四分位とは、収集した統計データを小さい順に並べた際に、データ全体を等しく3つのグループに分け、小さいグループから順に第1四分点(25%)、第2四分点(50%)、第3四分点(75%)と言います。
shibunten_grf

パスカルは、統計データ上、上位ページでもっとも使用頻度が高い、第1四分点から第3四分点の値を求め、その数値範囲を最適値として定義しています。
なお、無料版パスカルは、統計対象が3ウェブページしかありませんので、四分位法ではなく最小値〜最大値の数値を表示しています。

順位との相関によって最適な値を計算

最適値は、前述したように上位ページの統計を行い、第1四分点から第3四分点の数値を表示しています。さらに、順位との相関が非常に強い場合は、1〜10位の数値をもとに最適値を表示しています。

これは、相関が非常に強い場合は、あえて10位以内の数値に合わせることで、検索結果の1ページ目に入る対策を表示し、相関が弱い場合は、相対的にセーフティーな数値に合わせることを目的としてます。

積み上げグラフの場合

積み上げグラフの場合は、各要素のうち、34%を超える要素を表示します。
例えば、ページ内のキーワードの位置の分析において、あるキーワードの出現位置が上位ページ統計の結果、ページ上部に50%以上使用されている場合、「ページの上部に記述したほうが良い」と表示されます。」
anejwk2