グラフの見方

パスカルは、Googleで上位表示されているページをリアルタイムに収集し、各SEO要素を検索結果ページ単位(1-10位、11-20位…)で統計分析します。

棒グラフ

主に個数や文字数などの統計に使用します。

左オレンジグラフ:入力したURLページの情報
1-10位:入力したキーワードで1位〜10位に表示されているページの中央値
以下同様
2015-04-09 15.45.57

積み上げグラフ

主に割合や位置などの統計に使用します。

左グラフ:入力したURLページの情報
1-10位:入力したキーワードで1位〜10位に表示されているページの平均値
以下同様
015-04-09 15.51.44

右下がりのグラフ

右下がりのグラフは、統計的に順位が下降するほど数値(個数や文字数など)が下がっている傾向にあります。このため、上位表示するには、一定以上の数値が必要と言えます。
zhdekuuwy

右上がりのグラフ

右上がりのグラフは、統計的に順位が下降するほど数値(個数や文字数など)が上がっている傾向にあります。このため、上位表示するには、数を抑えたほうが良いと言えます。ただし、統計数値を見ながら数を抑えるようにしてください。一定以上の数値が統計的に見られる場合は、その数値を目安に調整すると良いでしょう。
asjekd

規則性がないグラフ

検索順位との規則性がないように見えるグラフは、一見して順位との関係性がないように見えます。しかし、グラフ上はそのように見えても、統計数値上は関係性が高いことはよくありますので、必ず順位との相関関係を確認してください。
また、グラフに規則性がなく、順位との相関関係も低い場合でも、上位表示ページで一定上の数値(個数や文字数など)の使用が見られる場合は、その数値を目安に自ページを調整することをお勧めします。
zacasdjleuan

数値が一定のグラフ

数値が一定のグラフは、検索順位に関係なく、ある一定の数値(個数や文字数など)が良しとされている証拠です。一定数値になるように自ページを調整してください。
daedme