Googleをリアルタイムに分析する

パスカルは、精度の高いSEOを行うためにGoogleをリアルタイムで分析し、現在どのような指標がどのくらい順位に影響するかを数値的に計測するツールです。

使い方は、いたって簡単!

分析(調査)したいキーワードをキーワード欄に入力、そのキーワードでSEOする予定のURLをURL欄に入力して「分析」ボタンをクリックするだけ。
あとは、自動的にGoogleで上位表示されているWebページの情報を収集して、どのようなページが上位表示される傾向にあるかを統計的に分析します。※無料版は上位3位まで

キーワードとURL(任意)を入力するだけで、Googleで上位表示されているページをリアルタイムに統計分析します。
2015-04-08 8.55.51

スピアマンの順位相関係数

パスカルで用いる統計手法は、順位との相関関係を求める際に広く世界中で使われるスピアマン(Spearman)の順位相関係数を使用しています。

まず、入力キーワードをもとにGoogleで上位表示されているページ情報と検索順位を取得します。
続いて、ページ内に含まれる各SEO要素を取り出し、検索順位との相関関係を調べます。
最後にスピアマンの順位相関係数で求められた数値から5段階(最高5.0)で順位との相関度を表します。

SEO項目と検索順位との相関関係がひと目でわかるため、優先順位を付けてSEO対策することができます。
2015-04-08 9.27.22

いままで数値化が難しかったコンテンツ分析が可能

Google分析で分析する項目は、SEOでも特に重要な項目です。なかでも、パスカルはコンテンツ分析ができるのが最大の特長で、通常は数値化するのが難しい”コンテンツ評価“を可視化することで、Googleがどのようなコンテンツを評価しているかがわかります。

上位ページ同士のコンテンツの類似度を計算することで、上位表示しているコンテンツの傾向を知ることができます。
2015-04-08 9.44.09