カンファレンスやブログ等で頻繁に見る主要なSEO都市伝説のうちいくつかを教えてください

SEOって本当に都市伝説が多いですね。
SEOやGoogleの都市伝説についての質問にGoogleスパムチームのマット・カッツが動画で回答しています。
(以下、日本語訳)

aehkadqwWhat are some myths about SEO?
https://www.youtube.com/watch?v=gJ9Xt5PohgU
2014/04/16 に公開
4分27秒の動画

Googleへの質問

Today’s question comes from Ryan in Michigan.
Ryan asks “What are some of the biggest SEO Myths you still see being repeated (either at conferences, or in blogs, etc.)”

訳)今日はミシガンのライアンからの質問です。 ライアンの質問は「カンファレンスやブログ等で頻繁に見る主要な SEO都市伝説のうちいくつかを教えてください。」

Googleからの回答

SEO都市伝説は多くあるので良い質問です。

よく聞くSEO都市伝説の1つに、「広告を買えば、Googleのランクが高くなる」というものがあります。また逆に、「広告を買わなければ、 Googleのランクが高くなる」といった説もあります。
これら2つのグループを集めて議論してもらい、出てきた説の誤りを明らかにしたくなります。

似たような陰謀説、都市伝説として、「Googleはユーザーに広告を購入させる為に、自身に変更を加えている。そしてサーチクオリティグループが13年以上の間取り組んでいる。」

これに対して私は以下のように説明します。ここで説明するにはそのメンタルモデルです。検索結果において何を、そしてなぜ行っているかを理解してもらう必要があります。

私たちは、ユーザーに対して良い検索結果を返したいと考え、そうする事でユーザーは満足し、再び繰り返し戻って来るでしょう。これが基本的なメンタルモデルです。

満足したユーザーは、ロイヤルユーザーですよね?
ひとつの検索に対して良い経験をユーザーに与えることで、情報が必要とされる次の機会にGoogleを使うと考えるでしょう。

そしてその経過で誰かが広告をクリックすれば、それはそれで良いですが、私たちは広告を購入してもらう為にアルゴリズム修正を行っているわけではありません。
広告を買っても、どちらにしてもアルゴリズム的にあなたの順位の手助けになる事もありませんし、順位を落とす事にもなりません。

これらは最も頻繁に見ていて、何度も何度も繰り返されているSEO都市伝説です。
他の都市伝説では、一般的には、様々なブラックハットフォーラム、ウェブマスターディスカッションボードで考える際に、自分の為に考えるという事を恐れないでください。

集団思考に加わってしまい、「これらの記事ディレクトリに私の記事を提出すれば、検索順位で1位をとれる!」と決めた後、6ヵ月後には「ゲストブログだ!ゲストブログを活用すれば1位をとれる!」と決め、実はその数ヶ月前には、「そうか!リンクホイールだ!1位を獲得するにはリンクホイールをしなければならない!」のような状況に陥るケースを頻繁に見かけます。

流行のようなものですが、本当にウェブ上で誰もがお金儲けできるような簡単な方法があるのであれば、eブックにパッケージしたり、ツールに加えて人々に販売したりするよりも、自分で使い、お金儲けするでしょう。
こういったソフトウェアを購入し、現状の個々の問題点を解決というのはおそらく悪い方法です。

私が最近見かけた記事では、誰かが自動化ソフトウェアパッケージの使い方で、それを使ってホワイトハットSEOを行うように説明していましたが、私から見ると銃を買ってハンマーとして使えと言っているようなものです。
こういったツールは、自身で問題を抱える可能性があるので注意して ください。

「ウェブ上で多くのお金を稼げるという事は、本当にウェブでお金を稼 げるという事ではない。」と誰かが言っていました。
もし本当にウェブで多くのお金を稼げているのであれば、普通はあなたにその方法を教えるよりは、自身でそれを続けていくはずです。

このような様々なウェブ上で見るツールや製品には少し注意を払って見る必要があります。 そして集団思考は避けるべきでしょう。

Googleが行っているメンタルモデル(私たちはユーザーに対して良い検索結果を返すよう取り組んでいます。)であなたも取り組むのであれば、それらのゴールとあなた自身を一直線に結びつける為の手助けになります。

もしそうであれば、あなたが作成した高品質のページを検索結果で返すでしょう。もしそうでなければ、例えば一時的にしか通用しない施策、ブラックハット、スパム行為を行うのであれば、アルゴリズムに対して反対の施策を行っている事になり、通常のユーザーが望むものとは逆の事を行っている事になります。
知識のあるユーザーが見かけた場合、彼らは怒りを覚えるでしょう。

これらは、私たちが繰り返し見かける都市伝説のいくつかです。
検索品質に関して、Googleはお金以外考えていないと見ている人々が多い事に、関心を覚えます。

私たちは、検索結果をより良くする事だけを考えているというのが真実です。長い間非常に良く取り組めており、これからもそのように取り組み続けるでしょう。

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

チャート式でポイントが分かりやすい!
検索順位が上がるコンテンツの特長と作り方!

本書では、Google 目線で「質の高いコンテンツ」を科学的に分析し、どんなコンテンツが高評価されているかを実例をもとに説明します。

  • コンテンツSEOとは?
  • キーワードによって必要なコンテンツ文字量は変わる
  • 情報の鮮度が鍵になるキーワード
  • 【例題 1】草津温泉に興味がある検索ユーザーの傾向を調べなさい。

etc...

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

最近の記事