ページのキーワード出現率を最適化するポイント

ページ内のキーワード出現率は、2:1:1の割合で最適化するとほぼ間違いない

SEOでは、キーワードの出現頻度が大切と言われてきましたが、2014年12月現在のGoogleは、それほどキーワードの出現回数や割合を重要視していません。
※もちろん、キーワードの出現頻度が0%は論外です。

では、Googleはキーワードの「なに」を見ているのでしょうか?

キーワードは、”出現位置”が重要

Googleは、ページを最初に開いたときに視界に入る「ファーストビュー」に書かれている内容を重要視します。そこで、ページ内のキーワード出現率は、ページの上部:中部:下部が、2:1:1 の割合で出現するように文章を最適化するとほぼ間違いありません。

とはいえ、絶対にしてはいけないことは、既存の文章にキーワードを入れたり抜いたりして、キーワードの個数だけを調整する行為です。
Googleは、文章の内容の充実度や専門性、オリジナル性を評価するだけの高い分析能力を持っています。単にキーワードを追加、削除しただけの最適化では、文章自体の評価はさほど変わりませんので、キーワード含有率を調整する場合は、必ず文章全体を校正し直すようにしてください。また、文章を構成すると同時に、文章内に関連キーワードを含むアンカーテキストを設置することで、遷移先のページの強化にも繋がります。詳しくは、内部リンク構造の最適化をご確認ください。

複合キーワードの”並び順”も重要

複合キーワードとは、「個室 居酒屋」や「サボテン 育て方」など、スペースで区切られた2つ以上の単語の組み合わせからなるキーワードのことです。

ご自分が検索エンジンを利用する場合を想像してもらえるとわかりやすいですが、検索ユーザーの70%以上はこの複合キーワードで検索します。
では、「個室 居酒屋」と「居酒屋 個室」では、キーワードとしては違うのでしょうか?

Googleで複合キーワード検索すると、検索結果は異なります。

例えば、「日本酒地酒」と「地酒日本酒」でGoogle検索した検索結果は重複しているものもありますが、主に「日本酒地酒」は「日本酒」寄りの内容ページが表示され、「地酒日本酒」は「地酒」寄りのものが表示されます。

xahdkmawu1

Googleは、キーワードの並び順で最初に使われた単語から順に優先順位を付けていると思われます。
そこで、ページ内で使用する複合キーワードは、出現する”並び順”を揃えるようにするとSEOに効果的です。

関連検索ワードを盛り込む

関連検索ワードは、検索ユーザーが潜在的に欲しがっている情報です。つまり、ユーザーが潜在的に欲しい情報の元である関連検索ワードに関係するコンテンツをページ内に設置すれば、自然と検索ユーザーの満足度と検索エンジン評価は上がります。

また、検索エンジンは内容の濃い文章を高く評価します。文章の専門性を上げるために積極的にキーワードの関連語や類義語を使用しましょう。類義語は、シソーラスなどのツールを使えば、簡単に調べることができます。

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

チャート式でポイントが分かりやすい!
検索順位が上がるコンテンツの特長と作り方!

本書では、Google 目線で「質の高いコンテンツ」を科学的に分析し、どんなコンテンツが高評価されているかを実例をもとに説明します。

  • コンテンツSEOとは?
  • キーワードによって必要なコンテンツ文字量は変わる
  • 情報の鮮度が鍵になるキーワード
  • 【例題 1】草津温泉に興味がある検索ユーザーの傾向を調べなさい。

etc...

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

最近の記事