GoogleウェブマスターツールでGoogleからのメッセージを転送設定する

Googleからのメッセージはサイト運営に必須情報

ウェブマスターツールでは、登録されているサイトがGoogleのガイドラインに違反していると判断された場合などに画面上にメッセージが表示されることがあります。
メッセージが表示された場合は早急にメッセージの内容を確認し、必要な対応を迅速に行なう必要があります。

メッセージ例:被リンクに関する警告

daaexawuqx

被リンクに関する警告。
このメッセージは、有料リンクや過剰な自演リンクを行なっていると届きます。このメッセー ジが届いたサイトオーナーの方には、これらのスパムリンクまたは低品質なリンクを可能な限り取り除かないと、高確率で順位下降などのペナルティーを受けます。

メッセージの転送設定

ウェブマスターツールのメッセージの重要性を理解しても、さすがに毎日ウェブマスターツールにログインしてメッセージをチェックするわけにはいきません。

そこで、ウェブマスターツールにはメッセージが表示された時にあらかじめ設定しておいたメールアドレス宛にメッセージを転送する設定ができます。

まずはじめに、ウェブマスターツールのメインニューの「設定」をクリックして 設定画面の「メール通知を有効にする」にチェックを入れます。

xajwdlqdsqow

タイプは、「サイトに関する重要な問題」を選択します。
メールアドレスは自由に決めることはできず、Googleアカウントを取得した際に使用したアドレス が指定されます。
保存ボタンを押すとメール転送設定が完了です。

endkqwq

どんなメッセージが届くのか?

Googleのガイドラインに違反した場合やCMS等のアップデート情報がある場合にウェブマスターツールにメッセージが表示されます。

不正な発リンクに関する警告

wjdkau

順位を上げるためだけの相互リンクやリンクプログラムに加入している場合に送信されます。

品質の低いページに関する警告

adnlqwsakwxq

他のサイトをコピーしただけのページやプログラムで自動生成されたページ、特定のページに誘導する目的だけのために作られたページなど、サイト内に品質の低いページが含まれていると送信されます。

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

チャート式でポイントが分かりやすい!
検索順位が上がるコンテンツの特長と作り方!

本書では、Google 目線で「質の高いコンテンツ」を科学的に分析し、どんなコンテンツが高評価されているかを実例をもとに説明します。

  • コンテンツSEOとは?
  • キーワードによって必要なコンテンツ文字量は変わる
  • 情報の鮮度が鍵になるキーワード
  • 【例題 1】草津温泉に興味がある検索ユーザーの傾向を調べなさい。

etc...

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

最近の記事