SEOに有利な『ページスピード』を測定する方法

Googleは、ページの表示スピードを検索順位のランク付けに使っている

Googleは、ページの表示スピードを検索順位のランク付けに使っていると公式に発表しており、推奨するページが表示されるまでの時間は1.5秒位内としています。

また、米Webマーケティング大手のアカマイ・テクノロジーの研究によると、ユーザーがページが表示されるまでに待てる時間は2秒が限界ということも分かっています。※2009年9月の調査

ページスピードが遅いとユーザビリティーが低下するだけなく、検索順位にも影響しますので、自分のサイトのページスピードを認識すること及びページ速度が早くなるような対策が必要です。

ページスピードを測定する方法

ページスピードを調べる代表的なツールには次のようなものがあります(すべて英語)。
どのツールもウェブページのコンテンツを解析し、ページの読み込み時間を短くするための改善点を指摘します。

Pingdom Website Speed Test

aebmdawh1

ファイルごとのロード時間をグラフで表示。
各ファイルの特徴も個別に確認可能。Pingdom が提供。

PageSpeed Insights

xawdjns,aws2

Googleが提供するページスピード測定ツール。
「高い優先度」「中間の優先度」「低い優先度」「試験的なルール」の 4段階で問題点と改善点を表示。

Web Page Test

asejdiaw,q7

ウォーターフォールでどの画像の読み込みに時間がかかっているのか分かりやすい。

 

ページスピードを上げる

ページスピードを上げる方法はさまざまですが、使用している画像の最適化やスクリプトとスタイルシートを外部化するなど、まずは簡単にできることから始めましょう。

さらに高度にページの高速化を行いたい場合は、「ハイパフォーマンスWebサイト」(オライリー・ジャパン)が参考になります。

ajkwsaw

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

チャート式でポイントが分かりやすい!
検索順位が上がるコンテンツの特長と作り方!

本書では、Google 目線で「質の高いコンテンツ」を科学的に分析し、どんなコンテンツが高評価されているかを実例をもとに説明します。

  • コンテンツSEOとは?
  • キーワードによって必要なコンテンツ文字量は変わる
  • 情報の鮮度が鍵になるキーワード
  • 【例題 1】草津温泉に興味がある検索ユーザーの傾向を調べなさい。

etc...

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

最近の記事