自分のサイトが過剰SEOになっていないか調べる方法

キーワードの乱用

キーワードの乱用は、ウェブページにキーワードや数字を詰め込む行為です。

ページにキーワードや数字を詰め込むと、ユーザーの利便性が低下し、サイトのランキングに悪影響が及ぶ可能性もあります。情報に富んだ有用なコンテンツを作成するためには、文脈に合った適切なキーワードを使用してください。

キーワードを乱用した例は、文法的におかしな日本語になるほどキーワードを詰め込んだり、ページ内に電話番号だけを羅列しただけのページ、郵便番号だけを羅列しただけのようなページのことを指します。

caendmaws32

フッターやサイドバーに地域名を羅列 してはいけない

フッターやサイドバーなどの目立たない場所に都道府県名や市町村名、駅名などを羅列する行為はキーワードの乱用にあたります。また、ページ内に意味なく電話番号を羅列する行為もスパム行為です。
ページを作成する際は、ページの質を一番に考えて作成するようにしてください。

dcaehwyw3

見出しタグの過剰使用

見出しタグ(h1~h6)を過度に使用すると過剰SEOとして判断され、順位上昇の妨げになることがあります。
特にh1とh2の使い過ぎには注意が必要です。

cxaesn,dw8

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

チャート式でポイントが分かりやすい!
検索順位が上がるコンテンツの特長と作り方!

本書では、Google 目線で「質の高いコンテンツ」を科学的に分析し、どんなコンテンツが高評価されているかを実例をもとに説明します。

  • コンテンツSEOとは?
  • キーワードによって必要なコンテンツ文字量は変わる
  • 情報の鮮度が鍵になるキーワード
  • 【例題 1】草津温泉に興味がある検索ユーザーの傾向を調べなさい。

etc...

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

最近の記事