レスポンシブデザインのメリット

レスポンシブデザインとは?

レスポンシブデザインのサイトとは、すべてのデバイスに単一のURLで同じHTMLを提供し、CSSを使用してデバイスごとにデザインを変更するサイトのことです。
つまり、PCやスマホ、タブレットなど画面サイズに関係なく、同じURL、同じソースでデザインやサイズのみをデバイスに応じて変更することができます。

aesdfnauwdsq2

Googleも推奨

レスポンシブ・ウェブデザインを使用すると、PC用のページとモバイル用のページを単一の(同一の)URLとすることができるため、ユーザーにとってはシェアやリンクが容易であり、Googleのアルゴリズムにとってはコンテンツを適切にインデックスできるメリットがあります。
さらに、ユーザーエージェントの異なるGooglebot(Google のクローラーの名称。世界中の Web サイトを巡回して、情報を収 説 集するロボット)ごとにページをクロールする必要がないため、Googleがより効率的にコンテンツを発見することができます。

未知のデバイスにも対応できる

最近では、ウェアラブル端末が出始めているなど、今後、多くの新 しいデバイスが生まれることは確実です。しかし、新しいデバイス が生まれるごとに専用サイトを作っていては切りがありません。
レスポンシブデザインは、デバイスに関係なくページサイズを変 更できるため、まだ未知の今後出てくる新しいデバイスにも対応で きる可能性が高いデザインです。

レスポンシブデザインに変更しよう

Googleも推奨するレスポンシブデザインにしましょう。現在、モバイルサイトをお持ちの方は、次の点に注意してください。

  • モバイル用のリダイレクト設定を解除する
  • canonical等のURL正規化設定を解除する
  • 旧モバイルコンテンツをサーバーから削除する
  • 実際のデバイスでチェックしよう

レスポンシブデザインサイトを作成したら、必ず各種デバイスで実際に動作チェックをしましょう。

  • 有名なデバイス(iPhoneやiPad等)では必ずチェックする
  • 動作がおかしな箇所を修正する

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

チャート式でポイントが分かりやすい!
検索順位が上がるコンテンツの特長と作り方!

本書では、Google 目線で「質の高いコンテンツ」を科学的に分析し、どんなコンテンツが高評価されているかを実例をもとに説明します。

  • コンテンツSEOとは?
  • キーワードによって必要なコンテンツ文字量は変わる
  • 情報の鮮度が鍵になるキーワード
  • 【例題 1】草津温泉に興味がある検索ユーザーの傾向を調べなさい。

etc...

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

最近の記事