モバイルユーザビリティの問題点を修正する

モバイルユーザビリティとは?

モバイルサイトのSEOも基本的にPCサイトと考え方は同じです。しかし、モバイルサイトのGoogle評価基準には、PCにはない要素があります。それが、「モバイルユーザビリティ」です。

モバイルユーザビリティとは、モバイルユーザーにとってサイトを使い勝手の良いものすることで、Googleはモバイルユーザビリティを高めるために次のことが必要と言っています。

  • 端末の画面サイズに合わせてページサイズが調整される。
  • ユーザーが水平方向にスクロールしたり画面をピンチしたり しなくてもページ全体を表示できる。
  • 小さな画面でも読みやすい、拡大縮小が可能なフォント。
  • ボタンなどの要素同士が十分離れていてタップしやすい。※1
  • モバイル対応技術を駆使した、視覚デザインとモーション。

※1.タップしやすいボタンに変更する際に、リンク先ページの内容を反映したアンカーテキストにすると内部リンク構造を最適化にもつながります。

モバイルユーザビリティの問題点を確認する

ウェブマスターツールには、モバイルユーザビリティに問題のあるページとその問題点を具体的に指摘してくれる機能が付いています。

ウェブマスターツールの「検索トラフィック」→「モバイルユーザビリティ」で「タップ要素同士が近すぎます」というエラーが表示されているページは、リンクやボタン同士がモバイル画面では近すぎるため、希望するボタンが押しにくかったり、誤って違うボタンを押す可能性があるため、ボタンのレイアウトや大きさ、デザインを変更する必要があります。

ceadnkeuwdwe8

モバイルユーザビリティの問題点を修正する

下画面の「1.エラーが解消していないことを確認する」をクリックすると、指定したモバイルページのユーザーエクスペリエンスの点数(100点満点)や修正アドバイス、ページ速度や速度を向上させる具体的な方法などが表示されます。

xmadawidjsu212

エラーは、重要度によって赤、黄、緑で表示されます。まずは、重要度の高い赤の項目から修正するようにしてください。

adejdkaeyghday3

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

チャート式でポイントが分かりやすい!
検索順位が上がるコンテンツの特長と作り方!

本書では、Google 目線で「質の高いコンテンツ」を科学的に分析し、どんなコンテンツが高評価されているかを実例をもとに説明します。

  • コンテンツSEOとは?
  • キーワードによって必要なコンテンツ文字量は変わる
  • 情報の鮮度が鍵になるキーワード
  • 【例題 1】草津温泉に興味がある検索ユーザーの傾向を調べなさい。

etc...

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

最近の記事