アクセス解析の検索キーワードをエクセルを使って分析する

ランディングキーワード(検索キーワード)とは?

ランディングキーワードとは、サイトに訪れたユーザーが検索エンジンで使用したキーワードのことですで、基本的にランディングキーワード=(イコール)上位表示されているキーワードと捉えることができます。

サイトを運営していると、気付いていないだけで色々なキーワードで訪問されていることが分かります。まずは、現在のサイトがどのようなキーワードで訪問されているかを知ることが大切です。

Googleアナリティクスには、ユーザー動線分析やコンバージョン分析など多くのサイト運営に必要な分析方法がありますが、まずはアクセスを増やさないことには分析しても意味がありません。
SEOを始めた当初は、ランディングキーワードの数と種類を増やすことだけに専念して、他のアクセス解析数値は気にする必要がありません。
まずは、アクセス数を増やし、その後、ユーザー分析に取りかかりましょう。

ランディングページとは?

ランディングページとは、ユーザーがサイトに訪問した際に最初にアクセスした(見た)ページのことです。
キーワードの検索順位が上がった効果が確認できるのは、ランディングページヘの訪問数の増加です。SEOの第1歩は、ランディングページの訪問数を増加させることです。

売上に繋がっているランディングキーワードの傾向

ランディングキーワードがすべて等しくサイトの売上げ、つまり、コンバージョンに繋がっている訳ではありません。コンバージョンに繋がっているキーワードを探し出し、そのキーワードをSEO強化することで、効率的にサイトの売上を伸ばすことができます。
ちなみに、コンバージョンに繋がっているキーワードには、次のような傾向があります。

  • キーワードの平均PVが高い
  • キーワードの平均滞在時間が長い

エクセルを使ってキーワードを分析

エクセルを使えば、ランディングキーワードの中からコンバージョンに繋がっているキーワードを簡単に見つけることができます。

まず、Googleアナリティクスからランディングキーワードをエクスポートします。
このとき、分析期間は直近3か月間、エクスポート対象は100キーワードにします。

エクスポートしたファイルをエクセルで開き、「キーワード」「セッション(訪問数)」「ページ/セッション(PV)」「平均セッション時間(滞在時間)」以外の項目を削除します。

次に、100キーワードの下の行にある「100キーワードの平均値」の2倍の数値をその下の行に追加します。

dadhquw43

さらに、エクセルの「条件付き書式」で、各キーワードの「ページ /セッション」と「平均セッション時間」のセルに次のような条件を付けます。

  • 「濃い黄色の文字、黄色の背景」
    → 100キーワードの平均値より高く、平均値の2倍よりも低い
  • 「濃い赤の文字、明るい赤の背景」
    → 100キーワードの平均値の2倍よりも高い
eqcxnasca

コンバージョンに繋がっているキーワードは、ページ/セッションが高く、平均セッション時間も高いキーワードですから、色の多く付いているキーワードほど売上に繋がっているキーワードで、色が濃くなるほど売上貢献度が高いと言えます。

asdjuw2

キーワードの分析が終わったら、キーワードがランディングしているページをGoogleアナリティクスで探して、SEOを行ってください。

はじめはSEOに関係するポイントだけを押さえる

Googleアナリティクスは多くの分析ができるツールですが、逆を返すと、あまりにも多くのことができるため、初心者にはどのように使えばよいか分かりにくいという面もあります。
SEOに関してだけいうと、まずは、ランディングキーワードだけを抑えておけば大丈夫です。

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

チャート式でポイントが分かりやすい!
検索順位が上がるコンテンツの特長と作り方!

本書では、Google 目線で「質の高いコンテンツ」を科学的に分析し、どんなコンテンツが高評価されているかを実例をもとに説明します。

  • コンテンツSEOとは?
  • キーワードによって必要なコンテンツ文字量は変わる
  • 情報の鮮度が鍵になるキーワード
  • 【例題 1】草津温泉に興味がある検索ユーザーの傾向を調べなさい。

etc...

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

最近の記事