内部リンク構造を最適化するには

内部リンクを最適化するには

内部リンクとは、よくIT業界では飛びかつているので、一度は聞いたことがある方も多かと思いますが、実はGoogleも重要視している項目の一つになります。

内部リンク=サイト内でページ同士を、繋げるリンクの事を意味します。

なぜ、必要なのか?また、どのようにすれば良いのかを簡単に説明致します。
ホームページを作る際に、「こんなイメージで作りたい!」「こういうデザインがいいな!」など、色々なことを考えサイトを構築するかと思います。

ここで質問です!実際に、作ったホームページを誰に見せるのですか?また、どういったユーザーに見て欲しいのですか? などと考え、ホームページを作られている方は少ないかと思います。(※あくまでも主観です)
実際には、ホームページを見てもらいたい方(検索ユーザー)の事を考え、サイト構築(ページ作成)される事をお勧めします!(ユーザービリティを考えたサイトの構築)

それこそが、「内部リンクの最適化」に繋がります。要するに、検索ユーザーが自身のサイト内で使い勝手が良いサイト、利用しやすいサイト・ページになっているかを再確認下さい。

それが、Googleのクローラーへも良い印象を与える近道になります。

内部リンクは、テーマの近いページ同士をリンクする

ウィキペディアやアマゾンのサイトを見ると、サイト内部の各ページから他のページに対して多くのリンクが張られています。それらリンクはいま見ているページに関係が深いページに対してのもので、ユーザーが潜在的に求めているページに対してリンクが張られています。
Googleは、評価する内部リンク(外部リンクも同じ)の条件として次の2点を挙げています。

  • 質が高いページからのリンク
  • 現在のページに関係したページ
ewdaekduwe

ページのSEOを行う際は、いまのページに関係するページがサイト内にあるかどうかを確認して、より関係の深いページにリンクを張ることで、ユーザビリティーがアップすると同時に検索エンジン評価も高くなります。また、アンカーテキストはリンク先のページ内容を反映したシンプルなものにし、キーワードに関係したテキストを配置するとなお効果的です。
これを繰り返していくことで、将来的にサイト全体がリンクポピュラリティーの高い構造になっていきます。

内部リンクの作成・強化時にやってはいけない事

自身のサイト・ページを元にチェックしてみてください!

<検索ユーザー、クローラーがわかるようなサイト・ページ構造になっているか>
説明)→ユーザー、クローラー共にサイトの構成(使いやすさ)は、必ず見ています。目的の商品や関連商品が探しやすく、より効率的に見けられるかが、重要な要素になります。※別項目で説明しています「サイトマップ」の説明と合わせ確認下さい。

<ページ同士の移動がスムーズにできるか>
説明)→商品を探しているユーザーが、TOPページからサイトに入り、目的の商品を見つけ、また別の商品と金額や機能を比較した場合に、当初目的としていた商品に戻る際に、一目で分かるようにページ同士の繋がりを再度確認下さい。そうすることで、ユーザーの離脱・直帰などは軽減戯れると考えられます。

<ページはしっかりと表示されるか>
説明)→よくECサイト等々を見たときに、商品がありませんなど、「404エラー」「403エラー」などの画面を見たことは、ありませんでしょうか?
要するに、商品が無いか、そのリンクURLが間違っているか、htmlの記載が間違っているかなど確認が必要です。そのような場合、ユーザー・クローラーにも同様の情報が入っているため、SEO上マイナス評価になりますので、再度構成の確認をお勧めします。

<重要なページへの誘導は問題なくできているか>
説明)→色々なサイトを見ていると、もともと見ていたページに、戻れなくなったという事はありませんか?もちろんブラウザの<戻る>ボタンを使用する方も多いかと思います。しかし、サイト内でそういったケースが起きた場合に、ユーザーの為に各カテゴリ毎にリンクを貼ることをお勧め致します。本記事別セクションにて「パンくずリスト」の内容を記載しておりますので、合わせてご確認下さい。

<アンカーテキストを使い説明が最適化出来ているか>
説明)→アンカーテキストとは、本文中に書かれている単語やURLなどをクリックすることで、別ページへ移動したりするそのテキストの文字をアンカーテキストと言います。SEO対策をする場合に、アンカーテキストがURLになっている状態や、上位表示させたいキーワード等々が含まれていない状況をよく目にします。出来る限り、ここをクリックすると、その先はどのようなページに行くかを記述する必要があります。
(※ 例)42型AQUOSテレビ一覧 ←ここをクリック)
上記のような形で、サイト内部のリンクの確認を最適化することで、検索ユーザー・Googleのクローラーにも、コンテンツを見つけやすくする内部構造になります。

ページから出ている発リンクを調整しよう

内部ページから別のサイト(サイト外)に出ているリンクは極力抑えるようにしましょう。サイト外リンクが多すぎると検索エンジンにページの質が低いと判断されたり、誘導ページ(スパム行為)として誤認される危険があります。
なお、次のようなことに注意して発リンクを調整するとSEOに効果的です。

  • ページとは無関係なページに対してリンクを張らない
  • 「ページ」「記事」「ここをクリック」のような一般的なアンカーテキストは避ける
  • リンク先の内容に沿わない、もしくは無関係なテキストは使わない
  • サイト内を移動する上で、ユーザーにとって役に立たないリンクを作らない

パンくずリストで利便性を上げる

パンくずリストを使えば、ユーザーは1つ前の階層やトップページに素早く戻ることができるため、サイトのナビゲーションを明確にする上で役立ちます。
パンくずリストのアンカーテキストは、ページに合ったキーワードを含めるようにするとサイト内リンク構造が大幅に強化されます。

edwmeladjijh3

簡潔なアンカーテキストにしよう

アンカーテキストは、短くわかりやすい言葉を使うようにしましょう。

  • 冗長な文章や、段落になるほどの長いアンカーテキストにしない
  • ページのURLをアンカーテキストとして利用しない
  • リンクが普通のテキストのように見えてしまうCSSやテキストスタイルを採用しない

サイトマップを作り、Googleにサイトを認識してもらう

サイトマップは、Googleや他の検索エンジンにサイトの内部構造を伝える方法(ファイル)になります。サイトマップの簡単な必要性を下記に記載させて頂きます。
Googleサイトマップについては詳しくはこちらを確認下さい。

・検索ユーザーに対して、サイトの構成・構造をわかりやすくする為
・検索エンジンに対して、サイトの構成・構造を伝達する為
※検索エンジンサイトマップ登録方法→Googleウェブマスターツール(サイトマップ作成)

上記2つが大きな要因として挙げられます。一つ一つ説明していきます。

<検索ユーザーに対しての必要性>
ECサイトの場合を例に挙げ、説明いたします。ECサイトの場合、商品の点数や商品ごとのページも含めると、かなりのページ数があります。しかし、検索ユーザーは、その中から目的の商品を見つけることは容易ではありません。そういったユーザーに対してサイトマップを作ることで、より早く、より分かりやすく目的の商品に案内出来るようになります。

<検索エンジンに対しての必要性>
検索エンジンのプログラムは、とても複雑に出来ております。SEO対策はそのクローラーとの戦いとも言えます。また、日々サイトの評価基準を変更しており、常に意識をしたサイト構成にする必要があります。クローラーはすべてサイトを循環し、様々な項目を元に検索順位を出しています。その中で、サイトマップを作成することで、よりサイトの情報をクローラーに読み取っても為に必要な作業と言えるでしょう。

上記の事から、「サイトマップ」作成のメリットを考え、サイト構造の見直しを、ご検討下さい。

ページ数が多いサイトがSEOで有利な本当の理由

ページ数が多いサイトは、全体的に検索エンジンで上位表示されるようになることは統計的にもわかっています。
例えば、ウィキペディア(wikipedia.org)やアマゾン(amazon.co.jp)は、多くのキーワードで検索された時に決まって1ページ目に表示されます。
アマゾン(amazon.co.jp)、ウィキペディア(Wikipedia)は多くのキーワードで検索結果の1ページ目に表示される秘密は、サイト内部にリンクを張り巡らせ、お互いのページの評価を効果的に上げることに成功しているからです。もちろんですが、上記で記載させて頂きました「内部リンクの最適化」の内容に関しても、念頭に置きながらサイトの構築が出来ていることを前提としての説明になります。

結論として

基本的にSEO対策項目としては「200項目以上」の基準があると言われております。また、未だブラックボックスに包まれており、世間にその項目が出ることは考えにくい中で、日々検索アルゴリズムを分析し、チェック・サイト修正を行うことが重要になります。

今回の記事では、「内部リンク構造を最適化する」というテーマに関して記載をさせて頂きました。内部リンクを最適化することで、「検索ユーザーの利便性アップ」「検索クローラーの循環への伝達の向上」に繋がると考えます。また、勿論ののこと「SEO対策の強化」にも繋がることは間違いないかと思います。

本記事内で説明させて頂きました内容を参考に、自身のサイトと比較して頂き、さらなる順位向上のお役に立てればと思っております。
※Googleからの資料として、サイトの作り方を詳しく見たい方は、Google検索エンジン最適化ガイドもご参考にしてみると良いかと思います。

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

チャート式でポイントが分かりやすい!
検索順位が上がるコンテンツの特長と作り方!

本書では、Google 目線で「質の高いコンテンツ」を科学的に分析し、どんなコンテンツが高評価されているかを実例をもとに説明します。

  • コンテンツSEOとは?
  • キーワードによって必要なコンテンツ文字量は変わる
  • 情報の鮮度が鍵になるキーワード
  • 【例題 1】草津温泉に興味がある検索ユーザーの傾向を調べなさい。

etc...

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

最近の記事