SEOに効果的なコンテンツ最適化とは?またコンテンツ作成方法

SEOに効果的なコンテンツの最適化とは

サイトを作成するときに、非常に重要な項目として「コンテンツ(各メニュー)」が必要になるかと思います。どういった観点で、皆様はサイトを作成されますでしょうか?また、何を考えサイトを構築しますか?といった疑問を少しでも改善でき、また検索ユーザーにより利便性の高いサイトとして認識して頂く為の、少しでもお役に立てればと考えております。

ずばり、答えからお伝えします!

「効果的なコンテンツ最適化=ユーザー目線の便利なコンテンツ」です!

簡単に言うと、検索ユーザーが何を求めているか、また検索キーワードに対する多様性・関連性のあるキーワードでコンテンツが書かれているか、要するにユーザーの役に立っているかが重要になります。それが「コンテンツ最適化」になります。それを踏まえ、下記に例を取り、簡単に説明させて頂きます。

SEOに効果的なコンテンツ作成方法は、「関連検索ワードに関する内容をページ内に作る」

関連検索ワードとは、検索キーワードに加えて頻繁に検索されているキーワードで、検索ユーザーの利便性アップのために、検索結果上に表示するキーワードです。

vjsnkfseui

関連検索ワードは、検索ユーザーが欲しがっている情報そのものです。関連検索ワードをページ内のコンテンツとして追加することで、ユーザー満足度が上がると同時に、検索エンジン評価も上げることができます。さらに、 上位サイトの関連キーワードの傾向を掴むことで、どういったコンテンツが検索エンジンに評価されているかも探ることが出来ます。

また、関連検索ワードに関するコンテンツをページ内に作成することで、関連検索ワードを含む複合キーワードでも上位表示される可能性が高まり、集客の入り口を増やすことにもなります。

関連検索ワードのコンテンツを作る際の注意点

自分のページテーマに関係ない関連検索ワードは使わない
→ページテーマに合わない形でキーワードを使用し過ぎることで、関連性を落とす可能性もあります。

関連検索ワードのコンテンツは、ひとつの段落にまとめる
→できる限り、ユーザー目線で読みやすい文章、分かりやすいように、要点をまとめる。

関連検索ワードのコンテンツブロックの見出しには、関連検索ワードを使う
→見出しタグ等々を使い、事柄を端的にユーザーに伝えるように配慮しページを作成する

上位ページのコンテンツの類似性をチェックする

自分のページのコンテンツを見直す際に、これからSEOするキーワードで、検索結果1ページ目に表示されているTOP10ページのコンテンツをチェックしてください。キーワードによって、上位10ページの内容がばらけている(多様性がある※1)場合と内容が近い(類似性がある※2)場合があります。
多様性があるキーワードの場合は、上位10ページとページの内容がかぶらないようにする必要がありますし、類似性がある場合は、オリジナルな内容を保ちつつ、上位ページの傾向に近い内容にする必要があります。一般的にビックキーワードほど、上位ページの多様性が高く、スモールキーワードほどページの類似性が高くなります。

dxcsdqwy5

一般的にビックキーワードほど上位ページの多様性が高く、スモールキーワードほどページの類似性が高くなります。

上位ページの内容をチェックする

  • 上位ページの多様性が高い場合は、関連検索ワードを参考にしてコンテンツを作成する
  • 上位ページの類似性が高い場合は、内容のオリジナル性を保持することが大切

※1:多様性とは→ 例)対策キーワード「時計」の場合
Googleの検索エンジンが、「時計」というキーワードを解析したときに、「時計」というキーワードが入っているページを探しに行きます 。実際の結果は、「時計」というキーワードは入っているページが上位表示されるものの、各ページ毎のコンテンツに統一感はありませんでした。表示結果は、時計の歴史、時計メーカー、時計協会、時計の通販サイト、世界の時計という様な結果になりました。要するに、Googleの検索エンジンは「時計」というキーワードに関して、幅広い情報を結果として表示されるような仕様にしているということになっている。それが、多様性のある表示結果に繋がっている。

※2:類似度とは→例)対策キーワード「コーヒー 入れ方」の場合
仮に上位10位のコンテンツの内容がほぼ一致ており、同じ「コーヒー 入れ方」について記載されているコンンテンツになります。表示結果は、コーヒーの入れ方の手順、ドリップコーヒーの入れ方、入れ方の動画、入れ方のコツの様な結果でした。もちろん、各ページ毎に「入れ方」の説明はバラバラで、似ていることが記載されていても、言い回しや説明の内容は異なっています。しかし、Googleの検索エンジンがキーワードを解析した時に、検索ユーザーの求めている内容と合致した内容が表示されるようになっている。それが、類似度が高い表示結果に繋がっている。
しかし、ビックキーワードとスモールキーワードの場合の、多様性・類似度に関しては、実際にはキーワードにより異なりますので、対策される前に検索結果で表示されるページをご確認下さい。補足ではありますが、ビックキーワードだからといって類似度が高い場合や、スモールキーワードだからといて類似度が低いという場合も稀にあります。

※「コンテンツ最適化」の参考リンク=Google検索エンジン最適化スターターガイド「P14:コンテンツを最適化〜質の高いコンテンツを提供しよう」を参照ください

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

チャート式でポイントが分かりやすい!
検索順位が上がるコンテンツの特長と作り方!

本書では、Google 目線で「質の高いコンテンツ」を科学的に分析し、どんなコンテンツが高評価されているかを実例をもとに説明します。

  • コンテンツSEOとは?
  • キーワードによって必要なコンテンツ文字量は変わる
  • 情報の鮮度が鍵になるキーワード
  • 【例題 1】草津温泉に興味がある検索ユーザーの傾向を調べなさい。

etc...

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

最近の記事