メタディスクリプションをSEOするときの注意点

メタディスクリプションは、紹介文(スニペット)にも使われる

メタディスクリプションは、タイトルと同じく検索結果に表示されることが多い大切なSEO要素です。
メタディスクリプションは、検索結果に紹介文(スニペット)として表示され、キーワードは太字で表示されます。

dewdwedhkuew7532

もし、スニペットが検索キーワードにマッチしない場合、Googleはページ内の検索キーワードにマッチした文章をスニペットとして表示しますが、自分で検索結果表示を操作ができる数少ない要素ですので、トピックキーワードを入れながら、適切なメタディスクリプションを記述してください。

また、稀にメタディスクリプションやページ内の文章以外のスニペットが表示されることがあります。その場合、dmozと呼ばれるディレクトリデータベースから引用されていることがあります。

sadqwjeqwy72

メタディスクリプションは、ページの概要を簡潔に記述する

メタディスクリプションは、ページの概要を簡潔に表したものにし、間違ってもキーワードを連呼した文章にしないでください。
メタディスクリプションの文字数は、特に指定がある訳ではありませんが、短すぎたり、長過ぎる場合、ウェブマスターツールの「HTMLの改善」で警告が表示されます。

scdmewidwd7wq6

ページ単位でユニーク(固有)なものにする

メタディスクリプションは、Googleがページの内容を判断する大切な要素です。サイト全体で同じメタディスクリプションにすると大変勿体ないですので、必ずページ単位でユニークなメタディスクリプションを付けるようにしてください。

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

チャート式でポイントが分かりやすい!
検索順位が上がるコンテンツの特長と作り方!

本書では、Google 目線で「質の高いコンテンツ」を科学的に分析し、どんなコンテンツが高評価されているかを実例をもとに説明します。

  • コンテンツSEOとは?
  • キーワードによって必要なコンテンツ文字量は変わる
  • 情報の鮮度が鍵になるキーワード
  • 【例題 1】草津温泉に興味がある検索ユーザーの傾向を調べなさい。

etc...

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

最近の記事