ウェブマスターツールの使い方「サイトの状態をチェックする」

ウェブマスターツール上でメッセージを確認する

ウェブマスターツールでは、Googleがガイドラインで禁止している行為を行っている場合、Googleからの警告メッセージを受け取る機能が付いています。
登録サイトの「メッセージ」に警告内容のメッセージが届いていないか確認しましょう。もし、下のような警告内容のメッセージが届いていた場合、速やかに書かれている内容の改善をし、Googleに再申請を行ってください。
cwejcakunxo不自然なリンク警告。自サイトへの人為的なリンク、購入したリンクなどがある場合に表示されます。リンク警告は、順位の大幅下降やインデックス削除などの強いペナルティーを受けることが多いので、迅速な対応が必要です。

サイトの構成ワードを確認する

サイト全体がどのようなワードで構成されているか確認します。
ターゲットキーワードがコンテンツキーワードのトップ20位以内に入っていない場合は、サイト全体でターゲットキーワードの使用頻度を上げる必要があります。
ただし、既存ページのキーワード率を上げるのではなく、新しくキーワードに関係したページを作ることをお勧めします。新たにページを作ることで、キーワードに関するコンテンツの強化とサイトのページボリュームを増やすことが同時にできます。

新規に関連したキーワードでページを作る際に、現在のページからリンクを貼ることで、内部リンクの強化に繋がり、より効果的なSEO施策ができます。詳しくは、内部リンク構造の最適化をご確認ください。

adjicw6sewウェブマスターツールのメニュー「Googleインデックス」→「コンテンツキーワード」で登録サイト全体を構成しているコンテンツキーワードが表示されます。一覧に上位表示したいキーワードがない場合は、サイト全体でキーワード調整が必要です。

被リンクを確認する

ウェブマスターツールでメッセージが出ていない場合でも質の低いリンクが多数張られている場合は、順位が下がったり、上がりにくい原因になります。登録サイトに対して張られているリンク元を調べましょう。
リンク元数が多い場合は大変ですが、ひとつひとつ確認して、被リンクのためだけに作られたようなページや有料で買ったリンク(ペイドリンク)がある場合は削除することをお勧めします。

ウェブマスターツールの「検索トラフィック」→「サイトへのリンク」で「リンク数の最も多いリンク元」の詳細をクリックします。
cewkh7fi「最新のリンクをダウンロードする」ボタンを押して、CSVデータをダウンロードします。
ewqwdkmwk47
ダウンロードしたCSVファイルをエクセルなどで開くとURLの一覧が表示されます。
表示されたURLはすべて自サイトへのリンク元ページなので、1ページずつブラウザで確認して不自然なリンクが無いかどうかを確認します。
eklidwug64

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

チャート式でポイントが分かりやすい!
検索順位が上がるコンテンツの特長と作り方!

本書では、Google 目線で「質の高いコンテンツ」を科学的に分析し、どんなコンテンツが高評価されているかを実例をもとに説明します。

  • コンテンツSEOとは?
  • キーワードによって必要なコンテンツ文字量は変わる
  • 情報の鮮度が鍵になるキーワード
  • 【例題 1】草津温泉に興味がある検索ユーザーの傾向を調べなさい。

etc...

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

最近の記事