ウェブマスターツールの登録方法

ウェブマスターツールとは?

Googleウェブマスターツールとは、サイト運営においてのさまざまな貴重なデータや情報を入手できる唯一のツールです。
ウェブマスターツールを利用すると、Googleと自分のサイトとのやりとりをより適切に調整することができ、自分のサイトについてGoogleから役立つ情報を得ることもできます。

SEOを始めるにあたって、ウェブマスターツールの登録がはじめの一歩です。登録は無料ですので、今すぐウェブマスターツールに登録しましょう。
※登録にはGoogleアカウントが必要です。
20141216002

Googleウェブマスターツールでできること

  • Googlebotにクロールされる際、サイトのどこに問題が生じたのかを確認することができる
  • XMLサイトマップ*1を送信することができ、確実にサイトのインデックスを行うことができる
  • GooglebotにすでにクロールされているURLを削除することができる
  • 優先したいドメインを指定することができる

*1XMLサイトマップとは、検索エンジンロボットにサイト内のページをインデックスさせるために記述するファイルです。一般的に呼ぶ「サイトマップ」とは違いますので、ご注意ください。なお、一般的に呼ばれるサイト内のページ一覧を表示した「サイトマップ」は、サイト内リンク強化につながりますので、設置した方が良いでしょう。
詳しくは内部リンク構造を最適化するにはをご確認ください。

ウェブマスターツールを登録する

Googleアカウントでログインすると「ウェブマスターツールへようこそ」ページが表示されます。画面下のボックスに登録するサイトドメインを入力して、「サイトを追加」ボタンを押します。20141216003

次にサイトの所有権を確認します。
もっとも簡単でおすすめの方法は、Googleのキーファイル(html)をサーバーにアップする方法です。下の図の手順に従ってアップロードしてください。
20141216003

サイトの所有権の確認は、別の方法でも確認できます。
Googleアナリティクスアカウントを使用する方法ではGoogleアナリティクス画面でウェブマスターツールの情報を見ることができます。なお、Googleアナリティクスアカウントを使用する方法は、以下の条件を満たす必要があります。

  • ウェブマスターツールのGoogleアカウントとGoogleアナリティクスアカウントが同じ
  • Googleアナリティクスのユーザー権限が管理者である
  • タグの直前にGoogleアナリティクスタグが記述されている

確認がとれると、下の図のような画面になります。「続行」をクリックすると登録完了です。
20141216004

サイトが登録されると、一覧にサムネイル付きで表示されます。
Googleからの重要なメッセージがある場合は、この画面に表示されます。
20141216005

これで登録完了です。
下の図がウェブマスターツールのダッシュボード画面です。ここからサイト運営に必要な多くの貴重な情報を得ることができます。
20141216006

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

チャート式でポイントが分かりやすい!
検索順位が上がるコンテンツの特長と作り方!

本書では、Google 目線で「質の高いコンテンツ」を科学的に分析し、どんなコンテンツが高評価されているかを実例をもとに説明します。

  • コンテンツSEOとは?
  • キーワードによって必要なコンテンツ文字量は変わる
  • 情報の鮮度が鍵になるキーワード
  • 【例題 1】草津温泉に興味がある検索ユーザーの傾向を調べなさい。

etc...

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

最近の記事