Googleを使ってSEOに最適なページをみつける

SEOは”1ページ1キーワード”が基本

1つのページに3つも4つも異なるキーワードでSEOを行うとページのテーマが分散し、結果的にどのキーワードでも上がりません。そのため、SEOは基本的に1ページに対して1キーワードで対策します。決してトップページだけ、3個4個のキーワードで対策しないようにしてください。

1ページ1キーワードでSEOを行うとページの内容がキーワードに100%フォーカスされ、コンテンツのテーマが統一されます。
Googleは、1ページ内に多くの異なるテーマを持つページよりも 同じテーマで書かれた優良なコンテンツを評価します。

  • 1ページに複数のキーワードで対策しない
  • 最適なページがすでに別のキーワードでSEOしている場合は別のページを選ぶ

Googleで「site:ドメインキーワード」で検索する

SEOキーワードが決まったら、次は対策するページ選びです。
Googleで「site:ドメインSEOキーワード」で検索すると、サイト内でSEOキーワードについてテーマの近いページが表示されます。
上から順にページを確認し、もっとも適しているページに対してSEOするようにしてください。
なお、テーマの近いページ同士をリンクし合うとSEO効果がさらにアップします。
サイト内リンク強化については、内部リンク構造を最適化するにはをご覧ください。

2014121601なお、SEOは1ページ1キーワードが基本ですから、すでに別のキーワードでSEOを行っているページは避け、SEOを行っていないページを選んでください。

Googleで表示されるページはキーワードに適した順に表示されますが、必ず目視でページの内容と検索ユーザーが求めている情報が一致しているか確認しましょう。

  • Googleの優先順がユーザーが求める優先順とは限らない
  • 最後はユーザー目線でページを決定する

キーワードに最適なページがない場合

Googleで表示されるページがない場合や表示されたページがSEOに適さない場合は、別のキーワードに変更するか新たにページを作成する必要があります。
サイト内のページ数が少ない場合は、新たにページを作成したほうが良いですが、すでに多くのページがある場合は時間と費用をかけて新しいページを作成するよりもキーワードを変更したほうが良いでしょう。

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

チャート式でポイントが分かりやすい!
検索順位が上がるコンテンツの特長と作り方!

本書では、Google 目線で「質の高いコンテンツ」を科学的に分析し、どんなコンテンツが高評価されているかを実例をもとに説明します。

  • コンテンツSEOとは?
  • キーワードによって必要なコンテンツ文字量は変わる
  • 情報の鮮度が鍵になるキーワード
  • 【例題 1】草津温泉に興味がある検索ユーザーの傾向を調べなさい。

etc...

【チャート式】コンテンツSEO 実践マニュアル

最近の記事